<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

遠い記憶が繋がった瞬間

昨日は日本各地で雪のバレンタインデーとなったようですね。

一夜明けてこんな写真に出会い、ハッとさせられました。
京都・貴船神社の雪景色です。

kibune


京都で生まれて、このハワイ島へ移るまでずっと京都。
市内で何度も引っ越しを繰り返しましたが
確か小学校4年生から中学2年生の頃、
この貴船神社とわりあい近い上賀茂に住んでました。

当時その辺りは田んぼや畑がまだまだ沢山残ってました。
朝は最寄りのバス停に1日たった7本しか来ない
貴重なバスをつかまえて通学。

帰りは大抵、もう少し本数の多い「貴船・鞍馬方面行き」に乗って
別のバス停から子どもの足で15分ほど歩く毎日でした。

便利な街中の暮らしから一変して
子供心に大変なカルチャーショックで毎日泣きそうでした。


と、前置きが長くなりましたが。

その後、都会好き(だと思っていた)私がハワイ島に来て
田舎暮らしに案外なじめたのは自分でも意外でした。

これまで日常で自然と触れ合う機会がさほどなかったから
気づかなかった自分の一面・・・

そう今まで思ってました。


でも、この貴船神社の雪景色を見たときに
上賀茂時代のことが一気にフラッシュバック。

冬には10−15センチほどの雪はザラ。
学校も市内では北の地域にありましたが
それより更に北に位置する私の住んでたエリアでは
雪の量が違います。

雪でバスが遅れて学校に遅刻。
理由を言ってもなかなか信じてもらえませんでした(笑)。

夏には、毎日のおやつがお隣の農家の新鮮完熟トマト。
味が濃くて、それまで食べてたトマトとは全く別ものでした。

空気もきれいで庭のプランツもよく育つ。
冷凍→チン!という習慣もなかった当時、
残ったご飯は庭に置いておくとスズメが食べに来る。

いつの間にかその暮らしが大好きになっていた私は
再び中京の生家に戻ることになって、
最後は涙が止まらなかった。。

そんなことを、この写真が思い出させてくれました。

そして、すっかり記憶から消えていたけれど
ハワイ島以前にも自然と一つの暮らしをしていたことと、
それが好きだった事実が 確かにあったのだなと思いました。

自分のことを改めて知った、いや思い出した一瞬でした。

人生長くなって来るといろんな点が線と繋がるもんですね。
それも幸せ♥
 

Joy<喜び> 区切り 23:59 区切り comments(0) 区切り - 区切り

バースデーカヤック

一昨日、本当に久しぶりにカヤックで海に出ました。

多分、一年ぶりくらい。

その日は友人のジャックのバースデーで

ジャック夫妻から一緒に行こうと誘われたのでした。

常夏とはいえ、ハワイも冬は冬。

ビーチではけっこうな波の高さで、激しくブレイク。。

内心、ひゃー!と思いながらカヤックを海に浮かべ
しばし様子見。

波にもまさしく”波”があって、少し穏やかになるときがある。

そのタイミングを待ってササッと波頭を乗り越えて沖へ。


・・・とはいえ、思いっきり水かぶりましたが(笑)。

一旦沖に出てしまうと、

チャプチャプと波の角は一面に立つものの

しぶきが飛んで来ることもなければ、

バーンとカヤックで海面を叩き付けるようなこともなくて。

滑らかな海も美しくて好きだけど

このチャプチャプ感は水の豊かさを感じさせてくれてます。

kayak


遠く岩壁では激しく打ちつける波がすごい迫力で砕け

振り返ると、クジラが潮を吹き

プレイフルなイルカがジャンプして空中で見事なスピン!

360度どちらを向いても

素晴らしいショーを見せてくれる大自然。

そのまん中に居られるなんて、なんと贅沢な。

もっとマメにカヤック楽しまないと、もったいないね。

 

ビーチに戻って、せっかくバースデーだからと

ジャック夫妻をレストランに招待しようとしたら

なんと彼らはスナックとドリンクを用意して来ていて

隣の公園で一緒にどう?と

逆にお誘いを受け、ご馳走になってしまいました。
(ありがとう!)

ピクニックテーブルを囲み、

時折ジャンプしたり潮を吹くクジラを見ながら

もうひととき、楽しい時間を過ごしました。

ジャックをお祝いしつつも

私たち皆が大いなる自然に祝福された気がします。


豪華レストランや高価な贈り物もいいけど

それに勝るとも劣らないゴージャスで豊かな

ジャックのバースデーでした。



この日のカヤックのダイジェストです!

 


 

本当のハワイに触れてみたい方、

また、ハワイ島で心身ともにリセット&リフレッシュしたい方、

バケーション/リトリートハウスIPU HALEでお待ちしております。

にじリトリートも好評受付中!

Joy<喜び> 区切り 16:33 区切り comments(0) 区切り - 区切り

2013年 年明けのいろいろ

2013年もあっという間に半月以上過ぎました。
何かと慌しい日々のなかで、ブログに残したいようなことも沢山あるのですが 
とても追いつきません;; 

新年を迎えたのが随分前のような気がしますが 
そういえば、大晦日の午後にかなり激しい雨が降りました。 
新年を迎えるための浄化の雨のようでした。 

お正月といってもこちらは元日だけがお休みですが 
その日はデービッドの新年のヨガセッションがありました。 

テーマは”Breath for Peace”。 
呼吸とともにピース(平安・平和)を内に取り込み、 
呼吸とともにそれをユニバースに還そう、という。 

まさにピースフルな時間をシェアして新年を祝いました。 
今年は心身ともにヨガを深めようとコミットした(つもり)なので 
いいスタートがきれました。 


さて、冒頭でいろんな出来事で慌しいと書きましたが 
その主な理由は昨年後半にスタートしたバケーションハウスです。 

lanai
ラナイからの眺め

9月に始めたのはよかったのですが、 
直後にデービッドが事故に遭って骨にひびが入るというアクシデントがあり 
(お陰さまで完治してます!) 
結局、本格始動したのが年末でした。 

オリジナルのウェブサイトも作りますが、 
とりあえずairbnbにリスティングしたら あれよあれよという間に
お問い合わせやご予約をいただいて 新年はゲストとともに迎えました。 

有り難いことに、2月半ばまでぎっしりご予約いただいてます。 
感謝。 

Airbnbは単なる宿泊施設のエージェントというよりSNSに近い感じです。 
ホスト側だけでなく、ゲスト側も予約するのにアカウントが要りますが 
その分、お互いにプロフィールなどを先に知ることが出来て 
安心というか、面白いシステムです。 

日本語(ベータ版)に切り替えることもできるので 
よかったらぜひ見てみて下さい。 

お部屋がより心地よい空間になるようにと考えて準備するのも 
ゲストと交流するのも楽しいし、何より喜んで帰って行かれるのが嬉しいです。 


今年また一つ、新しい世界が広がっていきそうです。 
日々大事に過ごしたいと思います。

Joy<喜び> 区切り 18:50 区切り comments(0) 区切り - 区切り

アロハ的ゆたかな食卓

先日のこと。 
友人が彼の庭からココナッツ(椰子の実)を届けてくれました。 

coconuts

ココナッツはとにかく皮?殻?が硬いので 
剣(えっと、「剣の舞い」とか「アリババと40人の盗賊」の剣のイメージ?)を使って 
中のジュースがこぼれないよう気をつけながら端を切り落とします。 

(これは私の手には負えません;;)


まずジュースを飲んで。 

そして残った果肉。
(正確には固形胚乳というそうです。)

これを細かく削ったものがよく、ケーキなどに使われますが 
さて、どうやって食べようか・・・ と話していると、お隣さんから 

「釣れたから」

と、さばいたばかりのマヒマヒのおすそ分け♪ 


そんなわけで、
そのマヒマヒを、すりおろしたココナッツと一緒に

mahimahi1


ごま油でソテーし、

mahimahi2


庭で作ったグリーンの上に乗せて

mahimahi3



同じく庭からのトマトと、
えっと、これは誰んちからだったか、、 いただいたアボカドものせて
手早く出来ました、 超新鮮!マヒマヒのサラダ。 


mahimahi-done!

シンプルだけど、新鮮な素材とそれをシェアしあうアロハなコミュニティ。
こういう豊かさに感謝。



Photo by RiKO,
つまり・・・
Cooked by David.

こういう夫にも感謝。




Joy<喜び> 区切り 06:02 区切り comments(0) 区切り - 区切り

コーヒーの花が咲いた!

私たちの住むハワイ島・コナは
何といっても コナコーヒーで有名。

ブルーマウンテンか、コナコーヒーか、
といわれるほど、美味しい高級コーヒー。

もうホントに、申し訳ないけど
他のコーヒーは もう飲めません、、、って感じです。


我が家ではいつも 友達のオーガニック・ファームのコーヒーを飲んでいて
日本から泊まりに来るゲストにも、それを普通に出すと
みんなファンになって、必ず買って帰るのです。

今では、私が帰国すると聞きつけると
そのコーヒーを買ってきて!と
オーダーが入ってくるくらい



で、ちょうど去年の今頃、
そのファームからいただいてきた1鉢のコーヒーの苗木

すくすくと育ち、
なぁんと、
とっても可憐な花をつけましたっ!


coffee flower

この小さな花から なんともいえない 甘ぁい香りもただよって。。


え!
花が咲いたってことは
そのうち実がつく・・・?

ってことは
この木から取れた豆で、コーヒー飲める!?!?


コーヒーファームを持たないまでも
自分たちが飲む分だけでも
自分ちで採れたらなぁ・・・


ていう夢に
ちょっとだけ近づけそうかしらん。。。








Joy<喜び> 区切り 16:38 区切り comments(2) 区切り - 区切り

雨の日は、まったりと。

今日は朝から、ずーっと 雨。

お気楽な私は知らなかったけれど
天気予報では、今日は嵐とのことだったとか。

幸い、・・・というのか、進路はそれて、
でもオアフやカウアイの方に進んで洪水の被害がでていると・・・。

この雨はその嵐の余波らしくって
一時は吹き付けるような横殴りの本降りに。


あー、朝一で出かけるつもりだったのにな・・・。


あまりの降り方に、
野生児パンダも外に出たがらないし
私も運転がちょっと怖くって、しばし 様子見。


そのうち パンダも家の中でたいくつし始めて
じゃれてるんだか、戦いをいどんでるんだか
私の脚に跳びついてきたり
抱っこ、抱っこ!と甘えてきたり・・・。


その間も、ずっと降りっぱなし。

ちょっと小腹がすいてきて、何かおやつにスイーツでも・・・

と、ここで以前お友達に借りた美容本


生のアーモンドを買ってきて、油を使わずローストし
パンプキンシードなどと混ぜた
お手製のミックスナッツがヘルシーで スナックによい


とあって、これを作ろうと、昨日アーモンドを買ったのを思い出して。


フライパンでから煎りすると
シワシワだったアーモンドがふっくらしてくるのが面白い〜。

そうか、熱で膨らむのかぁ。

じゃ、私の顔も常に暖かくしておいたら、シワ予防になるんじゃ

なんて迷案がうかぶ自分に寒くなりつつ
ヘルシースナックの出来上がり。


肌寒いから、あったかいお番茶も淹れて

京都生まれのためか、お番茶で育った私。
実家では毎日、大きなやかんにたっぷりとお番茶をわかしていた。

お水を飲む習慣はなくて
いつもお番茶を飲んでいた。

緑茶のようにその都度 お湯をわかして淹れなくても
飲みたいと思ったその瞬間に0秒待ちですぐ飲めるのも嬉しいし。

だから、帰国のたびにお番茶の大袋を買ってきます〜。



・・・と、そんなこんなで
結局 出かけもせず、パンダとまったり
濃厚な時間を過ごしたのでした。


パンダ氏、今も私の膝でお休み中。
1日トイレも行かず、、、大丈夫?パンダ。


片手でパンダがずり落ちないよう支え、
片手のみでこのブログをタイプ・・・。

普段の5倍、時間かかってます;;;
















Joy<喜び> 区切り 17:40 区切り comments(0) 区切り - 区切り

元ルームメイトHiromiちゃん

5年前、このハワイ島で3ヶ月間
寝食を共にした(?)ルームメイトのHiromiちゃん。

ルームメイト、といってもまったく赤の他人同士。
初めて会ったその日から同じ部屋をシェアすることになっており。

・・・でも、当の私たちは、
そんなことになっているとは一切聞かされないまま
この島に降り立ったわけで・・・

しかも、
くどいようだけど、「同じ部屋を」シェアしたのであります。
アパートメントを、ではなくて
2つベッドの入った寝室で、毎日 寝起きを共にしたのです。

さらにくどいようだけど、
初めて会った 赤の他人が、ですよ!!

それも1週間やそこらでなく、3ヶ月!



んまぁ〜、濃い3ヶ月だったこと。


きっとお互い、相手のことをいろいろ思い、
いろいろ感じながら日々を過ごしていたと思う。

細かなことは覚えてないけど(笑)。


で、そういう いろんなことを
正直に伝え合えるようになるには、少し時間がかかったような。

でも、そこに達した私たちは、
もう 出会ったときの私たちとは違っていたし
すでに過去の出来事になった時点戻って話をする必要もなく。


1ヶ月でも、2ヶ月でもなく、
3ヶ月だった意味が、終わりになってわかった気がした・・・(遠い目)。


Hiromi & RiKO
 (を〜、5年前の写真が出てきた!)


そして、このHiromiちゃんは、
私とデービッドが初めて出会った その瞬間も
一緒にいたwitness!

私たちが京都でプレ・ウェディングパーティをしたときも
わざわざ東京から駆けつけてくれて。



そんなHiromiちゃんが 5年ぶりにハワイ島に里帰り(?)し
昨日まで我が家に滞在してました。

事前のやり取りもそうだったけど、
まぁ、もう 余計なことは言葉にしなくっていい、ていうか、ね。

我が家に到着した瞬間から
5年のブランクなんて感じることもなく、普通に すーっと、
まるで昨日の会話の続きのような感じで違和感なく、

もちろん、5年の歳月が流れて
その間、ほとんど接点がなく
それぞれにいろんな経験をして、成長してきたわけだけど

それでもちゃんと話が通じるのがね、
すごく嬉しくもあり、
同時に、
「うん、やっぱり!」と納得もして。

というのも、
なぜだかわからないけど、彼女とは
繋がってる気がずっとしていて・・・

ま、彼女のほうはどうだったかわからないけど(笑)。



彼女は植物療法士として活躍中
でも、これからもっと違う分野へも羽ばたいていきそうな気配・・・。

お互いに今後の展望なんぞシェアしあったり。

きっと、このタイミングで2人が再会して、話をして、
そしてお互いのエネルギーを受け取りあうのも必然、というか
それぞれに意味のあることとして
宇宙が計画してくれてたのかも。



次回はいつ、どこで会うのか・・・。

楽しみにしつつ。


Thanks, and bless U!
















Joy<喜び> 区切り 14:20 区切り comments(0) 区切り - 区切り

赤ちゃんイルカ

昨日ディビッドとビーチへ行ったら、たっくさんのイルカが!

あまりアクティブではなかったけれど
時々 水面からいくつも 三角形の背びれが見えて
ゆったりと泳いでるのがよくわかった。


イルカは群れ(ポッド)をなして行動する生き物。

誰が指揮をとるのか、
水面に浮上して息を継ぐのも、
きりもみになって深く潜っていくのも、
そして潜ったまま静かに潜水(?)するのも
きれいにシンクロしてる。

dolphin1


そんなドルフィンたちを、最初は
海面に浮かんだまま眺めていたのだけど
ふと、一緒に泳ぎたくなって
私も少し 潜ってみた・・・

bubbles
(イルカがはいた空気が、上がっていくところ)


海面だと波の音やなんか、耳に入ってくるけど
ちょっと潜ると そこは音のない世界。

海上、海面での喧騒をよそに
イルカたちは静かに、穏やかに泳いでる。

水中の音だけでなく、きっと彼らのマインドも
同じくらい 静かなんだ!と、
その姿に、はっとさせられる思い・・・。

何の邪念も考え事もない、
クリアでピースフルなマインド。

そういう風にいられると、自分が自分でいられる。
他に心惑わされることなく、
そういうものと切り離していられる。

見ないようフタをするわけでもなく、
どこかへ追いやるわけでもなく、
ただそこに それが在ることを認識してるだけ・・・
Let it be.


このことを思い出させてもらうと
私もなんだか、身体から余分なチカラが抜けて
心なしか いつもより上手く潜れたような・・・?(笑)



そして昨日は赤ちゃんイルカも数頭いて
とっても可愛かった〜


dolphin2


お母さんイルカに一所懸命ついてってる感じで
ときにお母さんに促されて前を行っても
すぐに「ママ〜」と甘えに(?)戻ってきたり。


そんな可愛いベイビー・ドルフィンの映像がちょっとだけ撮れたので・・・。










楽しく清々しいビーチタイムでした・・・。




Joy<喜び> 区切り 17:17 区切り comments(6) 区切り - 区切り

ドルフィン・ボート・トリップ

 昨日、今日とスッキリ クリアなビューがすごくきれい。

家から通りに出て、この青いビューが開けたら
なんだかハッとしてしまう。

Nohealani



さて、そんな美しいお天気のもと
昨日は知人のご好意で、
デービッドと一緒に、ドルフィン・スイムのボートに乗せていただいた。

いつものビーチ・エントリーもいいけど、
ボートだと早いし、遠くまで行けるし
心地いい潮風と景色を楽しめちゃう


boat trip





さすが ボート!
イルカたちがいるスポットにすぐ移動できた。

カイルア桟橋のすぐ近く。
こんなとこにイルカたち、来るんだ!  とびっくり

彼らはゆっくり、ゆったり遠くを回泳してる。
水に飛び込んで、しばらく待っても彼らはやってこない。

・・・ていうか、私たちは別にそれでかまわないのだけど、
ボートキャプテンの判断で、少し先に移動するとのことで
ボートに戻る。

すぐ近くへ移動するだけ、、、のはずだったので
ぬれたラッシュガードを着たままいた私。

ところが、移動した先に、確かにイルカたち泳いでたけど
そこは水上バイクがすごい勢いで行ったり来たり。

・・・なんだかなぁ。

機敏で速く泳げるイルカたちは 大丈夫なのかもしれないけど
やっぱり、危険じゃないの?

そもそも、イルカや他の生物たちが住む領域に
土足で踏み込んでるような気がして・・・。

・・・ボートだって、多かれ少なかれ同じなのかも知れないけど。

当然、私たち人間には危険すぎて とてもじゃないけど泳げない。

しばらく待っても状況は変わらないので
再び場所を変えることに。


再びボートが風を切って走り出すと
冷たさに耐え切れず、ラッシュガードを脱ぎ捨てて
パーカーを着込んで ブルブル震えながら
日光で身体を暖める。

あー、太陽のありがたみを ひしひし(^∧^)



次に着いたスポットは
ドルフィンはいないけど
そこにいるだけで幸せ!って思えるほど
ほんっっっとうにピースフルで美しい海域。

他の人たちは次々と水に飛び込んでいくけど
私と、さらにデービッドも、
寒くてとても泳ぐ気になれず
ボートに残っていた。

それでも、(寒さ以外は)本当に申し分なくて
美しい景色とオーシャンブリーズを満喫。


ようやく体があったまって
最後の最後に、5分ほどだけ海に入った。

ボートからの視界も美しかったけど
水の中もブルーで、クリアで、
感動するほどきれいだった。

普段、目にしないところに
こんなに美しい世界が広がっているんだなぁと あらためて・・・。



ハーバーへ戻るほんの手前で またイルカたちに会った。

1匹が何度もジャンプ!スピン!
まるでショーのように私たちに見せてくれる。


dolphin


ホントはこの写真も、華麗なスピンを撮ったつもりだったんだけど・・・

よく見ると背びれが下を向いてるでしょ。
縦のスピンを終えて、着水の体勢に入ったところデスf(^^;)



あ〜、それにしても
久しぶりのボートトリップは気持ちよかった〜

感謝。




























Joy<喜び> 区切り 12:13 区切り comments(0) 区切り - 区切り

感じるココロ

日々の暮らしにある美しいものを
ちゃんと「美しい」と感じられるココロ。



sunset 3-30-10





何とも思わずお店で買っていたフルーツが
実を熟すまでにこんなに 何ヶ月も何ヶ月もかかると知って
そのありがたみを感じるココロ。



papaya2





たそがれるパンダを微笑ましく感じるピースフルなココロ。



panda6




そういうココロが拾ってる一つ一つが
幸せそのもの。
豊かさそのもの。


だから、スルーせずにちゃんと感じるココロを
忘れないで ずっと持っていたい。



そして、今それを持っていることに感謝・・・


そんな今日のサンセット。




Joy<喜び> 区切り 17:55 区切り comments(0) 区切り - 区切り

区切り 1/3Pages 区切り >>