<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ロコ的(?)京都案内―嵯峨・嵐山

住んでいたときにはお散歩なんてほとんど行かなかったのですが
(「日常」とはそんなもんですね;;;)
今思えばいいお散歩コースが沢山近所にありました。

今回も、一度だけですがお散歩に出かけました。
近所だしまぁいいかと、お財布もケータイも持たず
小さなデジカメひとつ持って。
・・・もちろん、すっぴんです;;


早朝のフレッシュな空気がいい、、と思いながらも
家を出たのは8時頃だったでしょうか。

11月半ば。
紅葉もまだ見頃にはまだ早いけれど、その分
まだ、人がさほど多くない時期でもありました・・・。


どこに向かおうか・・・やっぱりまずは王道(?)
野々宮から嵐山の川辺のほうに出てぐるっと一回りするコースにしよう。。


ということで、家を出てすぐに
生活の場とはちょっと違う空間に入って行きます。。。


まず、歩いて1、2分で竹林に。。。

bamboo forest1



JR嵯峨野線の踏切を超えると

JR



源氏物語にも出てくる野宮神社

Nonomiya Shrine

朱塗りじゃない、黒木の鳥居がしっくり落ち着いていいですね。

ちなみに、地名としては野々宮と書きますが
神社の名前は「野宮」のようです。



その後は、世界遺産・天龍寺

Tenryuji Temple
これは北門、というのかな、正面ではなく
野宮神社の脇から行ったところです。


中に入りたかったけど、まだ閉まってたので断念してその先へ。
また竹林。

bamboo forest2

この辺りはよくドラマや映画にも使われますね。
ハリウッド映画「Sayuri」(原題Memoir of a Geisha)にも出てきます。

この先は大河内山荘
ですが、ここもまだ開園してないので正門だけ拝み
通称・亀山公園へ。

園内。
もみじの絵がかわいいサイン。

sign



松の木には松かさが。

pine cone



そして、展望台からの眺め。

observatory

ここを保津川下りの船が通って行きます。
この木々が色づいたら、本当に綺麗です。
全般に紅葉には早いですが、中にはこんな葉も・・・

colored leaves


この亀山公園を抜けると、
先ほど展望台から見下ろした大堰川(おおいがわ)の少し下流に出ます。


ooigawa

ここが保津川下りの終着点です。
向こうに見えるのが屋台舟。

川下に向かって歩くと、いつかその門をくぐって
素晴らしいお食事を楽しみたい「吉兆」さん、嵐山本店。

kiccho



そして、渡月橋。

bridge to moon

月へ渡る橋、だなんてロマンティックなネーミング。
命名の由来は何なのかと調べてみると・・・

亀山上皇が、橋の上空を移動していく月を眺めて
「くまなき月の渡るに似る」と感想を述べたことからだとか。

別のアングル。
ドラマや観光案内によく、こういうショットが使われますね。

Togetsukyo



そして長辻通りを北に向かうと、再度、天竜寺。
こちらが正面。

Tenryuji Tempe2


立て札をよく見ると、早朝拝観 7時からと・・・。
先ほどの門は閉まってたけど、こちらへ来れば入れたのかな。


と、写真撮りながらぶらぶら歩いてちょうど1時間。
1日を気持ちよく始めるのにちょうどいいウォーミングアップになりました。
 

ちなみに。

11月下旬の紅葉のピークの頃はこんな感じになって
まるで祇園祭の宵山のように人で埋め尽くされていたようです。
ま、毎年のことですが。。。





Kyoto<京都> 区切り 19:22 区切り comments(0) 区切り - 区切り

京都グルメ

帰国の楽しみの一つは、なんといっても
繊細でビューティフルな日本の「食」ディナー

ということで、今回(も)行ってカンゲキ!のお店をご紹介〜。


まずは、実家から徒歩3分くらいで行けちゃう「鯛匠HANANA」
名物、鯛茶漬け御前をいただきに。

平日にもかかわらず、お店に入るのに30分くらい待ったかな・・・。
この時期、大変な混み方でした;;;


けど、待った甲斐あり。

鯛のお造りを胡麻ダレでいただいたり、お茶漬けにしたり・・・
あー、日本にお茶漬けがあってよかった!

お味だけでなく、盛り付けも美しい。
和風モダンな建物と内装も素敵だし、
あまりにご近所で、気楽にカメラも持たずに来たことを大後悔;;;
写真がないので、様子はお店のフラッシュでご覧ください 汗

そうそ、デービッドがお箸を上手に使うので
お店の方に褒めてもらっておりました。



お次は京都駅ビルSUVACOにある「はしたて」さん。

お丼 食事 のセットをいただきました。

hashitate

私は秋なすとうにのあんかけ丼、
デービッドは海老芋と湯葉の蟹あんかけ丼、
あんど、冷酒もいただいたりなんかして ラッキー


もう・・・なんともいえない上品なお味。

それもそのはず。
このはしたては、あの和久傳さんのお鍋とお丼のお店。
一流のお味をお手ごろにいただけるのが嬉しい。


・・・私、普段こっちでは日本食レストランには まず行かない。
だって、「まぁまぁ、OK」グレードはあっても
「心から美味しい!」と感じるものは残念ながらなく・・・撃沈
まぁね、期待するほうがおかしいんでしょうけど。

それなら いっそ、
本当に美味しい和食は日本へ帰ったときのお楽しみにして
中途半端(というと失礼かな・・・)なものはもう、食べないことにした。

なので、今回の帰国でも この はしたてさんに行くのを楽しみにしてた。



あー、満足 ラッキー
ご馳走様でした。




最後はティールーム ホットコーヒー

こちらも実家から歩いて行ける紅茶専門店「アンナ・マリア」

日本滞在の最終日、荷物のパッキングを済ませ
タクシーのお迎えの時間まで嵐山散策のお散歩に・・・
出かけたのだけど、
お散歩せずにお茶しました;;;

純和風・数寄屋造りのお宅の一部がティールームになっている。
手入れの行き届いたお庭も美しく・・・

anna maria2



anna maria3


そして、いただいたのはアップルティー。

オーガニックのウバの茶葉、
オーガニック(自然栽培)のりんご 赤りんご がふんだんに使われていて、
ティーカップにもほんの少し、オーガニックワインが・・・。

anna maria1

出来合いの「アップルティー」という茶葉を買ってきても
絶対にこうはならないとだろうな。
ひとつひとつの食材のエネルギーがね、違うはずだから・・・。

一緒にいただいた自家製シフォンケーキも
当然ながら、甘すぎるアメリカのケーキとは違い
とっても上品で、口の中でとろけるよう。


食器も美しいし・・・。

こちらでお紅茶をオーダーしても、無骨なマグで デーンとサーブされ、
しかもティーパックだし;;;
ちゃんとティーポットと、そして
薄手で口当たりのいい繊細なティーカップでいただけるのがとっても嬉しい。

とっても丁寧な時間を過ごせた。


う〜ん。
やっぱりニッポンは美しく、美味しかった。

感謝。




Kyoto<京都> 区切り 13:46 区切り comments(1) 区切り trackbacks(0) 区切り

祇園祭

日本は今日が7月17日。
祇園祭の山鉾巡行の日。

去年はこの日を もっと意識してたような気がする。

けど今年は、ネットのニュースや
京都の友達のブログで思い出させてもらった感じ。

・・・やっぱり、知らないうちに少しずつ変化してるのかな、私。


去年は今よりも沢山のエネルギーを京都に(日本に)残していた、
ってことかなぁ。



去年の今頃はまだグリーンカード取得のプロセスにあって
帰国したくてもできない状況だったから
その分、私の中で日本へのエネルギーを発していたのかもしれない。

まぁ いずれにせよ今は現にここで暮らし、
それが私の日常なのだということ。

ただそれだけのこと。 かな。







Kyoto<京都> 区切り 17:20 区切り comments(2) 区切り trackbacks(0) 区切り

京都人

今日、スーパーで買い物をしていて
手にとった食品の賞味期限「7月17日」という表示が目に入った。

その瞬間、

あ、祇園祭(の山鉾巡行)の日だ!

と、自分でも驚くほど、自動的に頭が反応した。



そういえば、

8月16日なら五山の送り日、
10月22日なら時代祭りと鞍馬の火祭りの日・・・

と、日付から京都での年中行事を思い出すことが多い私。
今でもやっぱり、それは変わってないみたい。



去年、ハワイ島に住むと決めたとき
何も迷いはなかった。

ただ、
このままハワイに骨をうずめることになったら
私が日本で生きてきた証がなくなってしまうような
少し複雑な思いがした・・・けれど

なんのこたぁない。

どこに住もうと、こうして私にはしっかりと
「京都カレンダー」がインプットされてるのね。
これが、私が日本で生まれ育ってきた、ということなのね。



家に帰って、京都の友達のブログをみたら
祇園祭の山鉾が立った、とのこと。

     #祇園祭りは、約1ヶ月にわたっていろんな行事・儀式が行われる。
     #各山鉾は7月10日に組み立てられ、それを「鉾立て」という(はず)。


へぇー、離れていても私はどうやら祇園祭りとシンクロしてるんだ!?


山鉾の立った四条通りの賑わいを思い浮かべると

こんこん ちきちん こんちきちん♪ 

という祇園囃子の音までもが、リアルに聞こえてくる感じ・・・。

Kyoto<京都> 区切り 20:14 区切り comments(2) 区切り trackbacks(0) 区切り

五山の送り火と、灯篭流し

8月16日は、京都では五山の送り火と
うちの近所の渡月橋では灯篭流しの日。
この二つは私のなかで、まぁ、セットになっていて
これで毎年、行く夏を送るのが恒例になっている。

今年は私のコンディションもあって
せっかく帰ってこられたご先祖さまたちに
ろくにお膳も作らないという
かなり手抜きのお盆を過ごした私。

申し訳ない気持ちは持ちつつ、
でも不思議と、以前のような罪悪感はなく
むしろ自分のカラダの声、ココロの声に従えたことに満足してる感じ。

手抜きとはいえ、やっぱり最後のお見送りはしたくって
灯篭とお塔婆を持って渡月橋へ。

ちょうど五山の送り火の灯火時刻と重なって、渡月橋はものすごい人。

その、人と人の頭の間から遠くにの字が赤く見えたとき
不意に、ワーっと涙があふれてきた。
あの涙はなんだっんだろ…?

あの瞬間に思ったことはただ、
やっぱり私は日本人なんだ!
ということだった。
単純な思いだけど、そこにはやはり
アメリカでの経験や、今後への思いなんかが関わってるんだろうな。

…と、渡月橋を中の島に渡って
また来年帰ってきてくださいね、と
灯篭を流し、お塔婆を納めた。

tourou





帰り道、これまた日本人だなぁと思いながら抹茶ソフトをほうばる。
家のそばまで戻ってきたとき、ちょうど鳥居形がきれいに燃えていた。

torii

Kyoto<京都> 区切り 23:44 区切り comments(2) 区切り trackbacks(0) 区切り

ナマ瀬川瑛子さん

昨日、家の近所で瀬川瑛子さんを見かけた。
見かけた、というのは、クルマで嵐山の渡月橋のたもとを通ったときに
テレビのクルーらしい一群に気づいた私が、
そちらに向かって手を振っている観光客の視線を追ったその先に
ほんの一瞬、瀬川さんの姿が目に入ったというわけ。

時間はちょうどお昼の12時ごろ。
このとろころの京都は連日35〜6度の猛暑。
(昨日、四条河原町付近の温度表示では38度になっていた!)
そんな炎天下、帽子もパラソルもないのに
瀬川さんはとっても涼しそうな顔をされていて、美しかった。

雑誌のモデルさんは、真夏に冬服の屋外ロケをしても汗をかかないという。
それは、「今は真冬だ。とっても寒い!」と自己暗示をかけているそうで
そうすることで本当に汗を出ないようにしている、とのこと。
(潜在意識をうまく活用しているわけですねー)

きっと瀬川さんもそういう術を身につけてられるのだろうなぁ。


話は変わるけど・・・
あらためて思うことは、こうしてテレビでしょっちゅう取り上げられたり
全国から、そして海外からも多くの人が訪れるこの風光明媚なエリアに
私は住ませてもらってるのだなぁ、ありがたいなぁ、ということ。

今まで当たり前だったことがとってもいとおしく感じるこのごろ。
ちょっとセンチメンタルな私だけれど
その気持ちは大切にしつつ
変化を恐れず、新しいもの・新しい環境をオープンに受け入れよう。

Kyoto<京都> 区切り 01:09 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

こん こん ちきちん こん ちきちん

7月に入って、まさに祇園祭まっただ中の京都の町。

(ちょっと見づらいけど、函谷(かんこ)鉾。ケータイで撮りました。)
     ↓
祇園祭り
こん こん ちきちん こん ちきちん

梅雨の蒸し暑いなか、この祇園囃子を耳にすると
心がにっこり、ほっこりするのは
きっと、私だけじゃないと思う。

千年以上も続いてきたこのお祭り。
日本の成熟した文化と伝統。

これって本当に素晴らしいと
例の2ヶ月間のアメリカ滞在を経て強烈に感じるようになった私。


人はつい、外にばかり目をやりがち。

だけど、
何であれ足元に普通にある物事の良さやその価値に
ちゃんと気づいてあげたいな。

そのことが、意外なパワーと結びついたりするもんね。


Kyoto<京都> 区切り 01:44 区切り comments(5) 区切り trackbacks(0) 区切り

ご近所散策<嵯峨・嵐山>

今日は一念発起して(?)ちょっと早起き。
近所に散策に出かけた。

早朝の雨も上がって、穏やかな小春日和。
すこし冷たための空気が、ひんやりと澄んでいおいしい。
亀山公園で見つけた紅葉のじゅうたん


←亀山公園で見つけた紅葉のじゅうたん




このところ、午後からの授業の時間帯以外に出かけることが少なく、
あっても雑事に追われて、こんなふうに空気を感じることもなかった。

カラダもココロも喜んでるのがわかる。


大河内山荘から亀山公園の展望台に登っていくと
小アセなんかかいたりして。



亀山公園の展望台から。



←亀山公園の展望台から



展望台は、観光客であふれてるこのあたりにしては珍しく人も少ない。
それに、なんと言ってもその場のエネルギーがとっても心地よく、
ずぅーっとここにいたい・・・と。


なんだか久しぶりに気持ちのいい一日の始まり。
明日はもう少し早起きして、もっと人の少ないうちに出かけてみたい。

Kyoto<京都> 区切り 16:06 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

区切り 1/1Pages 区切り