<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

できない理由より、できる理由を(^_<)-☆

たとえば遊びのお誘いをしたときに
参加できない言い訳を
全力でする人がいる…。


「すっごく行きたいけど、
しっかり働いてお金稼がなきゃいけないし、、」云々。


有給休暇のないフリーランスで働く彼女が
自分を律するようにそう言うのを
何度も聞いてきました。。。


そう言われて育ったのかもしれないし、
彼女自身の経験から
この信念(ビリーフ)を持ってるのかもしれない。


お金がないのにフラフラ遊ぶより
ずっと堅実で、もっともだけど
正直なところ私は

「ほんっとうに、それでいいの?」

て思うのです。


あれはダメ、これもできない、、、

そんな枠に制限されて
簡単に諦めてしまうのは
もったいないな、と。


それよりも
与えられた環境のなかで
どうやったらそれができるか、
を考えたいな!


このビデオは
セドナのBirth Cave(バースケイヴ)。



あの穴に入ってみたくて(笑)。


手足がもっと長かったら楽なんだけど、
与えられた歩幅とリーチで

どうやったらあの穴まで行けるか?
穴の前まで行ったら、どうやってよじ登るか?

て、あきらめずに
手探り足探りしながら進んでったら、
中に入ることができました!


生まれ変わりを体験するという
このBirth Caveで感じたこと、
ここから見た景色…

それらは一生忘れません。

birth cave





実際に体験しないと得られないものが
あります。

一見、無理かな?と思うことも
できない理由より、
できる理由を探したい。

そうやって
自分の枠を広げることで
人生ゆたかになると思うのです。




四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー    


にじ『人生のとびらを開く ハワイ 癒しと内なる旅 6日間』

top image


「このままでいいのかな?」
「何かちょっと違う…」
という思いが実は心のどこかにある…というあなたへ。

ここらでスッキリとさせませんか?

ゆったりと時間の流れるハワイ島で過ごす
とっておきのリトリートです。

ヨガマスターDavidのヨガと瞑想、
ヘルシーフードで
ココロとカラダの両面を整えて、

ライフコーチ歴10年のわたくしRiKOの
個人セッション、グループセッションなどなど

《本当のあなた》に深くアクセスするための
最高の環境をご用意しました。

しっくりと、あなたにフィットする
新しい生き方しましょ!

詳細はこちらをご覧ください。








 

Being<在り方> 区切り 20:33 区切り comments(0) 区切り - 区切り

ホントは何でもできる。

寝室から海を眺めていたら、
クジラが2頭泳いでました。

この冬は一度もクジラを見なかったので
「やった!」
と嬉しくなりました。

するとそのクジラたち、
水族館のアシカがプールサイドに上がってくるがごとく
海から飛び出して、

なんと!
うちのラナイ(ベランダ)に ヘッドスライディング!

lanai

   ↑
このラナイです。


「えー、こんなことってあるんだっ!」

網戸越しにカメラを構える私。

2頭のクジラがサメのように口を開けて
こちらに向かってくるところを、パチリ。

「お、夢って写真に収められるんだっ!」

ハイ、この頃には、夢の中で
これは夢だと認識してました(笑)。

「夢をこうして写真に撮っとけば  
 人にも見せられて便利〜✨」

ちゃんと撮れてるか、
念のために確認しよう。

…あ、クジラの口の中にネジが写ってる。。

「そっかー、夢に出てくるクジラは  
 作りものだったのかぁ。  
 まぁ仕方ないね、夢だから。。」    


   *   *   *

そんな昨夜の夢でした。

ワケのわからない、
ありえないストーリーが忘れられません。

しかし、ふと
現実だってそうなんじゃない?と。

ワケのわからない、ありえないこと
いくらでも起こってるし。

いや、 ワケがわからない、ありえない、
て思ってるのは自分だけかもしれない。


今日のデイヴィッドのヨガクラスでも
こんなことがありました。

デイヴィットの指導の通りに動いたら
目の前のヨガブロックを蹴飛ばしてしまうので
思わずフリーズしてしまった私。

どうしたの?と聞かれて理由を話すと、

「蹴飛ばしたら、何がいけないの?」と(笑)。


あー、そうか。
モノを蹴るなんて行儀悪いことしちゃダメ、

てビリーフ(思い込み)が染み付いていただけなんだ。
ヨガブロック蹴飛ばしたところで なんの問題もないものね!

で、気兼ねなく蹴飛ばしたら
「出来ない!」と思い込んでたことが
難なくできましたっ。


身の回りに、そういうこと案外多いかもしれません。

「あり得ない」「出来ない」
のは真実でしょうか?

思い込みを外せば、
ホントは あれも、これも、出来ちゃう!かもですよ。


ただ、残念なことに
その「思い込み」は
自分ではなかなか気づけない…今日の私のように。


じゃぁどうすればいいの?
てことになりますが…

その前に。

自分の後ろ髪、どうやってチェックしますか?


普通に鏡をのぞいても、
後ろの髪が跳ねてるのは見えません。

だから、誰かにもう一枚鏡を持ってもらうなど
2枚目の鏡を使って
目の前の鏡に映し出しますよね。


ということは、

あなたの「思い込み」なり、
「自分で気づいていない長所」なりを

目の前に映し出してくれる
2枚目の鏡のような存在がいてくれれば
すごく助かると思いませんか?

気になる方いらっしゃいましたら
ご連絡ください。

ライフコーチはまさに
2枚目の鏡です。


にじユリコ・ジョンソンのライフコーチング

 

Being<在り方> 区切り 20:08 区切り comments(0) 区切り - 区切り

エゴは悪者?

「何事もジャッジしない。」
「ありのままを受け入れる。」

完璧にこう在れたら、ほんとに素晴らしい。
でも、これに縛られたら何にもできない…。

「欲」や「自我(エゴ)」は
悪者にされがちだけど
そうとは限らない、ですよね。

というのも、
夢を叶えたり
何かを成し遂げるとき。

そもそも
ある価値観を「よし」としていて、
原動力は「〜したい!」という欲。

そして実現する過程で
「〜しなければならない/してはいけない」
とジャッジしていくことになるでしょ。

欲や自我を完全に抑えられるとしたら
それはもう「悟りの境地」。

その前に
たっくさん行動して、
たっくさん経験して、
たっくさん学ばないことには
とてもとても、そんな境地には至れないはず。

どこかで読んだり、聞いたりした

「ジャッジしてはダメ」
「ありのままを受け入れよう」

を、前後の文脈を忘れて
そこだけ切り取ってしまうと
身動き取れなくなってしまうかも。。

熱い思いは冷ますさずに
穏やかに、でも
芯はしっかり持っていたいと思うのです。
このサンセットのように…。

sunset



   四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー    


にじ『人生の扉を開く 癒しと内なる旅 6日間 in ハワイ島』

top image

「このままでいいのかな?」
「何かちょっと違う…」
という思いが実は心のどこかにある…というあなたへ。

ここらでスッキリとさせませんか?

ゆったりと時間の流れるハワイ島で過ごす
とっておきのリトリートです。

ヨガマスターDavidのヨガと瞑想、
ヘルシーフードで
ココロとカラダの両面を整えて、

ライフコーチ歴10年のわたくしRiKOの
個人セッション、グループセッションなどなど

《本当のあなた》に深くアクセスするための
最高の環境をご用意しました。

しっくりと、あなたにフィットする
新しい生き方しましょ!

詳細はこちらをご覧ください。




にじユリコ・ジョンソンのライフコーチング

しばらく新規クライアントさまを
お受けしておりませんでしたが
思うところあって
(またブログにでも綴りたいと思っています)
受付を再開いたします。

キラキラと内側から豊かに!
自分をちゃんと愛してあげて、「自分の人生」を生きましょう。

詳しくは下記をご覧ください。
↓ ↓ ↓
ユリコ・ジョンソンのライフコーチング



 

Being<在り方> 区切り 20:23 区切り comments(0) 区切り - 区切り

10年目の思い

大変遅ればせながら、
明けましておめでとうございます。

師走の慌ただしさのないハワイ島で
年の瀬、という雰囲気もないまま
気がついたら新年に入り、
次に気がつくと、すでに1月も下旬でした!


今年はハワイ島生活10年目です。
ちょうど10年前は、私が人生で一番大きく変容した時期でした。
変容せざるを得なかった、といった方が当たってますが。。。

その前後で一番の違いはというと、 
今の私は実にスッキリと、ラクに生きていること。

その過程で支えてくれた家族や
関わってくれた多くの人たち、
そして、すべての巡り合わせに感謝するばかりです。

その恩返しは、私がその過程で学んだことや
得たことをシェアしていくことだと、
思いを新たにしました。

デイヴィッドともども
今年もリトリートや個人セッション、ヨガなどなど
心を込めてお届けしてまいります。


個人的には写真やイプ製作などの表現活動や
ロードトリップ(!)で冒険をして
知識と感性を磨いていきたいと思ってます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

greeting



にじ2016年のリトリートについて  


現在、最終調整中です。 もう少しだけお待ちくださいませ。

==================
・5月中旬
・7月中〜下旬にかけて
==================
の2本を予定しています。

これまでよりバージョンアップした内容でお届けします。
どうぞお楽しみに。

お知らせをご希望の方はメールマガジンにご登録ください。


お名前(ニックネーム)
メールアドレス 



にじ「地球の歩き方」に掲載されました!

 昨年末発売の 「地球の歩き方 今、こんな旅がしてみたい!2016」
バケーション/リトリートハウスIPU HALEが掲載されました。

magazine 1

「ハワイの新しい楽しみ方」(p.134)です。
magazine 2

一つ一つの写真は左から、
カイルアべいを見渡す大きなラナイ、
lanai


ビーチの後や満天の夜空の下で入りたいジャグジー、
jacuzzi


ゆったり、リビングスペース、
living


ピースフルなサンセットを眺めながらのヨガセッション、
yoga

です。
機会がありましたら、ぜひ手にとってご覧下さい。



 

Being<在り方> 区切り 18:44 区切り comments(0) 区切り - 区切り

モノが増えるってことは…

スーツケース一つで、
しかもその半分にはウェディングドレスを詰めて来たので
ほんのわずかなモノでスタートしたハワイ島ライフ。


シンプルに暮らしてるつもりが、
先日大掃除したら、
かなりモノが増えてる!

必ずしも必要じゃないものも結構あるし…。


てことは。

精神的にも同じことが起こるってこと。

色々削ぎ落したつもりでも、
気がつけば多すぎる情報にあおられたり翻弄されたり。

軽かったはずのココロのフットワークも
知らないうちにあれこれ引きずってたりしてね。

目に見えないからわかりにくいけど。

だからこそ
モノを整理するときは、同時にココロの整理整頓もね。


そんなことを、
クライアントさんとセッションしながら思う昨日でした。

looking down



四葉のクローバーユリコ・ジョンソンの個人セッション四葉のクローバー
 詳細はこちらをどうぞ

 また、
 矢印ココロとカラダのデトックス&リラックス6日間 in ハワイ島
   にはユリコ・ジョンソンの個人セッションがプログラムに含まれています。

   ハワイ島ライフを満喫しながらヨガやヘルシーフード、
   それにドルフィンスイムなど自然と触れ合いながら
多角的なアプローチで心身を整えます。
体験して、感じて、好きなものを好きなだけ受け取り、
持ち帰っていただくリトリートです。
 
  ベルお申し込みはお早めにどうぞ!


 矢印ハワイ島バケーション/リトリートハウス IPU HALE
起こしの方は対面でのセッションが可能です。





 

Being<在り方> 区切り 15:53 区切り comments(0) 区切り - 区切り

向こうからやって来てくれたアートギャラリー

10月1日にホルアロアという小さな町、
いやヴィレッジ(!)に
小さなアートギャラリーをオープンしました。

gallery 3

Ipu Arts Plusという名前のとおり
ipu(ハワイのひょうたん)がメインのギャラリーです。


思い起こせば、年初めにはギャラリーをオープンするなど
まったく予定してませんでした。

いきさつを簡単にお話しすると、 元々デイヴィッドの友人ビルが
ここで 同様のイプギャラリーを営んでました。

ところが2月に彼が急逝し…。

それで、イプアーティストでもあるデイヴィッドが
同じくイプアーティストのカレンに声をかけ、
ビルがこの場で築いてきたものを 一緒に続けていこうと
意気投合したのです。

私も迷うことなく賛同しました。

というのも、私には いつかアートギャラリーを開いて
ローカルアーティストを支援したい、という夢がありました。

それに!
ビルのギャラリーの名前がIPU HALE(イプの家)、つまり
私たちのバケーション/リトリートハウスと
まったく同じだったので、不思議な縁というか、
直感的に これはやるしかない、と思ったのです。

(混乱を避けるためギャラリー名は変えました。)

gallery 1


それから半年あまり。
築120年の古い建物の改築は予想以上に時間がかかりました。

また4月から5月にかけて、日本とメインランドへと
不測の事態も発生し計6週間も留守にした影響で
すべてが押せ押せになってしまったのもあります。

今も目が回るほどの忙しさですが
思いがけない展開で一つ願望実現できたこと、
そして日々新しい学びを得させてもらっている
この日常に感謝するばかりです。


ここに記しておきたいことは他にも沢山ありますが
願望実現(自己実現)について、今回の体験から
改めて感じる事を最後に。。

私の経験上、大きな(遠い先の)夢であればあるほど
それは思いがけない方法で、向こうから 勝手にやって来てくれます。

ライフコーチングのクライアントさんにも
いつもお話しすることですが、
いかにして実現するかを模索するより、
すでにその状況が手に入ったマインドセットでいることの方が
ずっと大事ですね。


さて、こうして仕事面など環境の変化があると
内側のシフトも進むようです。

忙しくとも地に足をつけて、前をむいていきましょう!  

gallery 2

Being<在り方> 区切り 15:04 区切り comments(0) 区切り - 区切り

豊かさと幸せと感謝と

先日親友が置いていってくれた、
アラン・コーエンの「あなたはあなたのままでいい」。
ぽつりぽつりと読み始めています。 

昨日読んだ章に
足りないものではなく、すでに満ち足りているものに目を向けよう、 
というようなことが書かれていました。 

それは、その人が豊かかそうでないかは所持品やお金で決まるのではなく、 
その人が満ち足りている心境を選択するかどうかだと。 

確かにそうですよね。 
ついもっとあれが欲しい、これが欲しいって方に 意識がいってしまいますが。 


それで昨夜は身の回りの満ちたりたものや状況を 
一つひとつ挙げてみました。 

大切な家族、安らいで暮らせる住処、支えてくれる友人、 
自然の恵み等々、本当にたくさんの豊かさを実感しました。 

同時に、両親をはじめこの豊かさへとつながるすべての人々や出来事、 
つまりは宇宙全体へと感謝の念が膨らんでいきました。 

とてもとても幸せを感じました。 
豊かさと幸せと感謝は一体ですね。 

自分で言うのもなんですが、 
すごくポジティブなエネルギーに満ち足りていたと思います。 

こういうプラスのエネルギーはおのずとプラスのスパイラルを引き起こしますよね。 
しばらく意識的にこの感覚に浸ってみようと思います。 

う、ふ、ふ。。。



Being<在り方> 区切り 10:37 区切り comments(0) 区切り - 区切り

ポータブル・パラダイス

住みたい場所、憧れの地・・・。 
どうやらこのハワイは多くの人がそう思う土地のようです。 


ハワイに住めるなんていいね!とよく言っていただきます。 
私自身、このパラダイスで暮らせることは本当にラッキーだし、 
ありがたいと心から思ってます。 

ただ私は、それをがむしゃらに望んで実現したというより、 
色んな偶然が重なって自然とここへ運ばれてきた気がしています。 


そのためか時々、世間のハワイ熱(?)の高さに困惑することも。 

将来ハワイに住みたいのでアドバイスが欲しいとか、 
子どもをバイリンガルにするためにも移住を考えていて 
教育、生活環境、ビジネスなどの面で ハワイのどの島がいいだろうか?
と真剣な相談を受けることもあります。 

私としてはなぜ日本なり、その人が根ざしてきた土地じゃダメなのかと 
正直、思うのですが。 


確かに、温暖な気候と豊かな自然に恵まれ 
ゆったりとした時間と空間に毎日身を置けるのはとても贅沢だと思ってます。 

でも同時に、あきらめたり手放さなければならないことも少なくありません。 
特に、日本の繊細なアートや味覚、文化など・・・。

だから時々自分が何者かわからなくなったり、センチメンタルな思いもします。 
まぁ、そのおかげで感受性も磨かれるのですが。 

たとえば、お味も見た目もハワイ風に大変身した「和食」。
何世代か前に移民として日本から来た人たちが、手に入る食材で作り始め 
それがローカルの文化と相まって今に至ったと思うと 
簡単に邪道だ、大雑把だと小馬鹿にでない心境です。 

なぜなら、当時ほどの苦労ではないにせよ、 
私も限られたなかで創意工夫が必然的に必要とされる身ですから
オーセンティックなものから反れていくのはわかる気がします。。 

あ、もしかするとすでに私も 
もはや珍妙な和食を作っているのかもしれません;; 


それでもこの南の島で、この与えられた環境のなかで 
最大限の幸せと心ゆたかな暮らしを味わえたらそれでいいと思ってます。 
それが私のパラダイスライフ(笑)。 

このブログのタイトル「アロハ的ゆたかな暮らし」とは 
そういうことを言っているつもりです。 

magical sunset



とはいえ、ハワイだからパラダイス、とは限りません。 
ハワイに住んでいても苦悩で疲弊していたり、 ネガティブに生きている人もいます。 

大事なのは、どこに住むかよりもどう暮らすか、どう生きるか。 
それぞれのパラダイスは、どこに住もうとその人の内に在るのだから。 

それを、それぞれの環境で具現化すれば、みんなパラダイスの住人。 
パラダイスは持ち運び可能なわけだから(笑)。

どこへ行っても、その地をパラダイスにできるような、 
そんな生き方ができたら最高じゃないかと思います。
 
そう、ポータブル・パラダイスをたずさえて、
メリーポピンズのように。。





Being<在り方> 区切り 13:58 区切り comments(0) 区切り - 区切り

パンダの家出

5日間帰って来なかった愛猫パンダが先ほど 
ようやく無事に帰宅(?)しました。 

我が事のようにご心配くださった方々、 本当にありがとうございました。 
暖かいお気持ちにずいぶん励まされました。 


この5日間、いろんなことを考えさせられました。 

たかがネコでそんなに?と呆れられるかもしれませんが 
そういえば飼い始めたベイビーの頃にも 
動物とはいえ、私たちの都合に合わせてしつけをしていいものか 
・・・ここに乗っちゃダメとか・・・と、葛藤がありました。 


家出(?)から2日ほど経った頃、家のすぐ近くでパンダを見つけたのですが 
何かを恐れている様子で、一定以上私たちに近づくことも、 
私たちについて家に帰ることもしませんでした。 

その後も毎日 名前を呼びながら近所を歩いても見つからず 
これはもう、執着するなということかな、とか。。。 

私たちの愛情をたっぷり受けて、食べ物にも困らない暮らしは 
パンダにとっても幸せなはず、、、 
と思っているのは私たちだけ? 


そもそもお母さんネコからはぐれて庭で鳴いていたところを拾って育てたので 
今また野生に返すときなのかな、、、とか。 

パンダは必ず帰ってくると信じてる、と言葉を発することで 
本当に信じようとする私。 

同時に、帰って来ないならただそれを受け入れるのみ、 
と努めて平常心でいようとする私。 


それでも眠れば夢を見て・・・ 

外で見つけたパンダをバスタオルでくるんで連れて帰り 
いざタオルを開けると、出て来たのはなんと犬だった!という(苦)。 


いろいろ葛藤のあるなか、今日はついにポスターを作り 
近所の電柱に貼ってまわりました。 

道中、犬の散歩などですれ違う人などにも写真を見せ、 
連絡のための電話番号も渡して。 

近所の獣医さんも掲示板に貼ってあげると言ってくださったり。 

みんなとても親切で優しい言葉をかけてくださいましたが 
誰もパンダを見たことがないと。 


手持ちのポスターを全部貼り終えて家に帰る際 
もう一度、最後にパンダを見た辺りで名前を呼ぶと 
なんと、かすかに遠くで返事(?)をするではありませんか! 

次第に鳴き声は近づいて来て、とうとう草むらから姿を現しました。 

前回の反省から捕獲グッズは携行していたので 
大好物のエビでつり、なんとか連れて帰ることができました。 


今思うと、少し前から様子がおかしく​​​・・・ 

家の中にいても外が気になるようで真剣な面持ちで 
外を眺めることがよくありました。 

ネズミなど獲物を探しているのか、 
それともよそのネコなど何かを恐れているのか・・・ 

多分、後者だったのかなと、今。。 


抱いた感覚で体重が減ってるのは明らか。 
これまた大好物のカスピ海ヨーグルトをあげると 
顔中ヨーグルトだらけにして平らげました。 

それでもしばらくは落ち着かない様子だったけれど 
今はパパとベッドに寝そべってテレビ見てます(笑)。 


とりあえずはひと安心。 
貼ったばかりのポスターも剥がしてきました。

posters


ネコながら今しばらく心のケアが要るのかなという感じなので
愛情をもって見守ります。


一緒にご心配くださった方々、
もう一度・・・ありがとうございました。



Being<在り方> 区切り 15:14 区切り comments(3) 区切り - 区切り

真に強い人は・・・

 ヨガの戦士のポーズ。

warrior


ただポーズをとるのではなくて
本当に戦士になったように 内から強いエネルギーの自分になる。


腕も脚も上体もきつくて、もう ギリギリになるのだけど、
そうなればなるほど それに反比例するように
マインドは静かで、ピースフルな世界に入っていく・・・。

まさに、鏡のような湖面みたいな静寂。。。


あぁ、なんとも たまらない感覚。




真に強い人はきっと、普段からそうなんだろう。

慌てたり取り乱すこともなく
深くグラウンディングしていて、
しっかり自分とつながっていて・・・。



戦士のポーズで私自身がそうなったとき、
直感的に
そのことを知ることができました。








Being<在り方> 区切り 19:09 区切り comments(0) 区切り - 区切り

区切り 1/9Pages 区切り >>