<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

バースディ記念 ☆ 無料メールセミナーのお知らせ

先週の土曜日、16日に誕生日を迎えました。

日本時間とハワイ時間の2日にわたって
facebookや私信、電話などで
たくさんのお祝いメッセージをいただきました。
本当にありがとうございました。

熊本の大地震で誰もが心を傷めるなか
私へも思いと時間を割いてくださり
とてもとても感謝しています。


ハワイ島生活10年という節目、
予期せぬ人とのお別れ、
それに
夢の大台への、この誕生日…

と、ここ数ヶ月の間に
いろんなことが一気に重なって
これからをどう生きるか、
考える日々でした。


同時に思いを馳せたのが、
今までのこと。

この歳になってようやく、
自分で思うよりはるかにたくさんのギフトを
受け取ってきたことにも気づきました。


だったら、これからは私から届けていく番。


でも、何を?どうやって?

と考えていたちょうどそのとき
私の近況を知った久しぶりの友人から

「前に話してた通りの夢を
異国の地で叶えていってるRiKOちゃん、すごいね!」

とメッセージをもらいました。


また、別の方々から
「自分のライフスタイルを生きるRiKOさんに憧れます!」
との嬉しいお声も、ちらほらと。

それならば、と今わたしからできるギフトとして
思いついたのがこちらです。

***********************

<全5回、無料メールセミナー>
メールdeワーク☆
「今日から使える!
夢を叶え、フィットした暮らしを手にする秘訣」

***********************


これは2008年春に開催した有料セミナー
『今日から使える!人生が上手くいくコツ』
をもとにつくりました。

実はこれ以降、帰国のスタイルが変わり、
同様のセミナーは行わず、
個人セッションで断片的にお伝えする程度でした。

今回は、内容を見直し
その後8年分成長した私のエッセンスを加えて
メールセミナーに書き換えました。

各回のテーマは次の通りです。
***********************
Vol.1 夢を叶える「最初の一歩」
Vol.2「明確な意図」をもとう
Vol.3「願望実現」と「引き寄せ」の秘訣
Vol.4 ホントはもっと「自由」になっていい
Vol.5「悩み」が悩みでなくなる魔法の視点
***********************

いずれも私自身が実践してきたことで
足し算ではなく
掛け算のように、それぞれ掛け合わされて
パワフルに機能することを実感しています。

フィットした暮らしというのは、
自分の価値観で物事を選択し
「私らしく」いられるのでストレスも少なく、
クルマでいえば低燃費。

だからこそ
「本当に大切なこと」に
エネルギーを存分に注げる生き方だと思っています。

「RiKOさん、年々若返ってる〜」
と言ってくださるのが本当でだとしたら、
こんな普段の暮らしを
積み重ねているから…かもしれません?


誕生日を迎える直前に思い立ち、作業に入ったので
少し遅れてしまいましたが
私からのバースディ記念のプレゼントとさせていただきます。

お役に立ちましたら幸いです。

ベルお申し込みはこちらからどうぞ。


birthday



 

Gratitude<感謝> 区切り 13:58 区切り comments(0) 区切り - 区切り

カメラ女子はいらっしゃいますか?

昨日の記事「欲張りでいこう!」
は結構な反響をいただきました。

一言でいうと、
器用貧乏という言葉に対して
「器用リッチは人生を豊かにする!」
(↑記事を読んだ友人の名言です。早速使わせてもらってます!)
という内容です。

よかったらぜひご覧ください。



さて、その記事のなかに
私の写真好きがこうじて…
というお話を書きました。

私もそうですが
最近は一眼レフカメラを持ち歩く女性を
よく見かけますね。

カメラ女子って言うんですか?

私が子供の頃は、そんなカメラを持ってるのは
オヂサンだけだったのに。
時代は変わりましたね(笑)。



私が写真を撮り始めたのは
ハワイ島の大自然にふれてからです。

それまでは
都会のきらびやかな暮らしが大好きでした。
田舎暮らしにも、自然にも興味はなくて。

でもこちらに来て
大自然に魅せられてしまいました…


水平線の向こうに日が落ちる静かなひととき。
金色の月に照らされて、本が読めそうな明るい月夜。
キラウェアの真っ赤な溶岩が見せつける地球の「生」。

日々くり広げられる
優しく美くしく、ときに激しい「自然」の物語を
写真に収めたくなったのが
きっかけでした。


「真実を写す」と書いて「写真」とはいうものの、
そこには
見たままの景色や情景だけでなく
そのときの感情やメッセージも
写し込まれているように感じます。

たとえば

やさしいオーシャンブリーズにほおを撫でられ
なぜかホロっとした午後…

だったり、

一緒に泳いだウミガメがくれた
「ゆっくり行こうよ」のメッセージ…

だったり。。


最近では、
私がフェイスブックに投稿するハワイ島の写真に
「癒されました」
とよく言っていただき、とても嬉しく思ってます。

そんなふうに喜んでいただけるのなら…

フォトブックを作ろうと思い立ちました!
癒しと感動の時間・空間を
一枚の写真に切り取ったものを集めて。


…と言っても、本を出版するのではなくて
facebook上のコミュニティです。

そして、
これを読んでくださってるなかに
「カメラ女子」がいらっしゃいましたら
ご一緒にこのフォトブックのページを飾りませんか?

ぜひご自身のハワイ島体験をご投稿ください♪

写真の経験やカメラの種類は問いません。

「良い写真」を競うのではなく、
「感動」や「思い」の伝わる写真があふれる
アロハな場にしましょう。

もちろん
「見て楽しむだけ」という方も大歓迎です。

ご参加お待ちしています。

「カメラ女子のアロハなハワイ島フォトブック」
右上の「参加する」を押してご申請ください。

photo book





   四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー   四葉のクローバー    


にじ『人生の扉を開く 癒しと内なる旅 6日間 in ハワイ島』

top image

「このままでいいのかな?」
「何かちょっと違う…」
という思いが実は心のどこかにある…というあなたへ。

ここらでスッキリとさせませんか?

ゆったりと時間の流れるハワイ島で過ごす
とっておきのリトリートです。

ヨガマスターDavidのヨガと瞑想、
ヘルシーフードで
ココロとカラダの両面を整えて、

ライフコーチ歴10年のわたくしRiKOの
個人セッション、グループセッションなどなど

《本当のあなた》に深くアクセスするための
最高の環境をご用意しました。

しっくりと、あなたにフィットする
新しい生き方しましょ!

詳細はこちらをご覧ください。




にじユリコ・ジョンソンのライフコーチング

しばらく新規クライアントさまを
お受けしておりませんでしたが
思うところあって
(またブログにでも綴りたいと思っています)
受付を再開いたします。

キラキラと内側から豊かに!
自分をちゃんと愛してあげて、「自分の人生」を生きましょう。

詳しくは下記をご覧ください。
↓ ↓ ↓
ユリコ・ジョンソンのライフコーチング



 

Gratitude<感謝> 区切り 04:26 区切り comments(0) 区切り - 区切り

お雛さんとメタボ

先日、いとこのお嫁ちゃんから
「お雛さん飾りました!」と
写真が届きました。

hina2

可愛い後ろ姿に、それを見守る姿。
何とも微笑ましい♡♡♡

あふれんばかりの愛が伝わってきて
こちらまで「ほっ」と幸せな気持ちになりました。


と同時に実は、もう一つ別の
「ほっ」がありまして。。。



私がうまれたとき、
祖父母が雛人形を贈ってくれました。

でも、それを飾ってもらったのは
多分ほんの数回…
少なくとも物心ついてからは。

というのも、自分で言うのもなんですが
けっこう立派な代物で

たくさんのお人形や小物を飾るのは
ちょっと大変。

それを仕舞うのは
もっと大変。

飾る場所もとるし。

…ということで、
「今年はパス」に始まり
翌年もパス、その翌年も、、、
と。

大人になってからは
何度か自分で飾りましたが(笑)
それでも回数はしれてます。

はっきり言って
宝の持ち腐れ、でした(悲)。


それが!
いとこん家に女の子が生まれて…


そう、写真のお雛さんこそ
私の実家で長年ねむっていた
あの雛人形です。

古くて申し訳ないけど、
贈ってくれた祖父母は
いとこにとっても祖父母。

ゆかりのある人に受け継いでもらえて
こんなに嬉しいことはありません。
 

hina1

七段飾りの立派なお雛さん。

これを贈ってくれた祖父母の愛情を
今になって、ひしひしと感じます。

いとこ夫婦と叔母がこれを飾る際、
お人形や小物たちが一つひとつ丁寧に包まれて、
完璧にきっちりと箱に収められていた!

と私の几帳面さに驚いてくれたそうですが、、、

私は母がやっていた通りにしただけです。
そういうものだと思って。

母はきっと、娘のために
自分の両親が贈ってくれたこのお雛さんを、
娘のためにも両親のためにも
大切に、大切に仕舞ってくれたのでしょう。


それために、飾るのがたいそうになり
返って御座に出る機会がありませんでしたが、
それも愛情ゆえ。



最近よく思います。

これまでの人生、
一体どれほどの愛を注がれてきたことか。
どれだけ多くを受け取ってきたことか。

「入り」と「出」のバランス、
取れてないんじゃない?

受け取ったら次の人へと渡していかないと。


そんな風に感じていたところでした。

なので、写真が届いたときの
もう一つの「ほっ」は

いとこ一家に喜んでもらえて
ようやく一つ次におくれてよかった!

そして
宝の持ち腐れから今や
本当の「お宝」に復活したお雛さんに
祖父母も喜んでくれるはず!

の「ほっ」でした。


有形・無形にかかわらず
受け取ったエネルギーは回していかなくちゃ。

だって、ため込んだらメタボになってしまう…!
もしくは便秘!?

だから。
これから、もっともっと!



   四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー お知らせ 四葉のクローバー四葉のクローバー四葉のクローバー    


にじ『人生の扉を開く 癒しと内なる旅 6日間 in ハワイ島』

top image

「このままでいいのかな?」
「何かちょっと違う…」
という思いが実は心のどこかにある…というあなたへ。

ここらでスッキリとさせませんか?

ゆったりと時間の流れるハワイ島で過ごす
とっておきのリトリートです。

ヨガマスターDavidのヨガと瞑想、
ヘルシーフードで
ココロとカラダの両面を整えて、

ライフコーチ歴10年のわたくしRiKOの
個人セッション、グループセッションなどなど

《本当のあなた》に深くアクセスするための
最高の環境をご用意しました。

しっくりと、あなたにフィットする
新しい生き方しましょ!

詳細はこちらをご覧ください。





にじユリコ・ジョンソンのライフコーチング

しばらく新規クライアントさまを
お受けしておりませんでしたが
思うところあって
(またブログにでも綴りたいと思っています)
受付を再開いたします。

キラキラと内側から豊かに!
自分をちゃんと愛してあげて、「自分の人生」を生きましょう。

詳しくは下記をご覧ください。
↓ ↓ ↓
ユリコ・ジョンソンのライフコーチング

Gratitude<感謝> 区切り 00:56 区切り comments(0) 区切り - 区切り

ハワイ島に戻って

10日ほどの日本滞在を終えて、ほっと一息ついています。 

今回は岡山と東京で計3つのイベントと、 
あとはプライベートな所用をこなして来ました。 

イベントに関しては、いったん開催をあきらめかけたのですが 
多くの方の協力や後押しのおかげで実現することが出来ました。 
暑い中お集りくださったみなさん、本当にありがとうございました。

また、旧友の涙が出るほど暖かい友情にも触れ、 
すべてに素直に感謝するばかりです。 

新しくいただいた素敵なご縁や懐かしい再会に加えて 
従弟の結婚というgood newsも飛び込み 
(それがほんとに素敵な彼女なんです!) 
幸せと、そして人とのつながりの神秘をひたひたと感じています。


帰国準備からここまで、私にしては普段の200%のペースで飛ばして来たので(笑)
ここでちょっとリラックスして、元のペースに戻ろうと思います。 

そうそう、リラックスといえば、岡山でのイベントが 

ハードなワークアウトがあってこそより深いリラックゼーションが 得られる
ということを皆さんに体感していただきました。 

今の私も結構深くリラックスできるハズです(笑)。 


デイヴィッドは今年も日本で誕生日を迎えました。 
それがたまたま東京のヨガイベントの日と重なり、 
ワークショップ後のランチ会で皆さんに祝っていただきました。 

lunch


bd



こちらは翌日のシェアリングの模様。 
自然と共存しながらのハワイライフ、みなさん目を輝かせて聴いて下さいました。

sharing 


駆け足ではありましたが、今回もとてもいい滞在となりました。 
一緒に時間を過ごしてくれた友人たちも、 
そしてイベントに来て下さった方々にも、 
いい時間だったと思ってもらえたら、何より嬉しいです。 


次回は桜の頃に日本に行ければ・・・!



Gratitude<感謝> 区切り 05:10 区切り comments(0) 区切り - 区切り

2人の母

今日は母の日なんですね。 
友人たちがお子さんからのプレゼントの写真を 
Facebookなんかにpostしているのを見せてもらうと 思わず顔がほころびます。 

・・・同時に、私ももう、こんな立派な贈りものを 贈られておかしくない歳なんだと
ようやく気づいて(遅) 少々フクザツですが。。。 


そんな今日、義母からカードが届きました・・・ 

? 

母の日にカードを送るのは子供のほうじゃないの? 


混乱しながらカードを読んでみると 
「この間ははるばる会いに来てくれてありがとう」と。 

先月、義母のバースデーに合わせて日程を組んで 
メインランドまで会いに行ったことのお礼でした。 

私たちがバースデーに贈ったギフト一つひとつについても 
あらためて「ありがとう」と。 

・・・ なんだか、じーんときます。


そういえばいつも、義母のバースデーとクリスマスには 手作りのカードを送るのですが、
今回家を訪ねると それらを全部飾っていてくれていて・・・。

それも素直に嬉しかったです。 

cards

アメリカでは明日が母の日。 
電話しようと思います。 



そして、義母と二日違いで、私も旅先で賑やかに誕生日を迎えました。

mom  


日本からも暖かいメッセージを沢山いただきました。 
本当にありがとうございました。 

一つひとつ、ニコニコしながら読ませてもらったのですが 実は、
あるメッセージに、一瞬にして大泣きしてしまいました。 

「生まれてきてくれて、ありがとう」 

そう書いてあったのです。 

人は誰でも他者から承認して欲しい生き物ですが 
これは私を丸ごと無条件に受け入れてもらった、最上級の承認でした。 

きっと両親は誰よりも強くそう思ってくれていただろうし 
私が赤ちゃんの頃には口にだしてそう言ってくれたのではないかと思います。 

けれど、物心ついてからこんなにはっきりと
言葉で伝えてもらったのは これが初めてでした。 

さらに嬉しいのは、この言葉をくださったのが親類縁者ではなく 
私のクライアントさんだったこと。 

そう言ってもらえるほど私(のセッション)がお役に立ててるのかな、 
と喜ぶのは勝手な解釈でしょうか。。。 



涙の理由はそれだけではありません。 

去年亡くなった私の母の人生に対して、私のなかで 
ある種、切なさのようなものがあったのですが、 この一言で
母の人生の価値がより高まり、 母の生きた意味もより深まりました。 

どんなヒーリングよりも深く、
一瞬にして魂までも癒された気がしました。


よく考えると、旅から戻って慌しく毎日を過ごしてきました。
明日は少し時間を取って、母にこのこと、報告しようと思います。 


2人の母に、感謝。




Gratitude<感謝> 区切り 19:43 区切り comments(0) 区切り - 区切り

Love & Blessーよいお年を と おめでとう の間で

日本はもう大晦日ですね。 
今年は本当に、いろいろありました。。。 

今年の10大ニュース、じゃないけれど個人的な出来事で主だったものを挙げると 
嬉しいことの数よりも辛くしんどいことの方が圧倒的に多かった… 

ってことに、先日こちらのお友達に言ってもらって初めて気づきました。 
ハイ 、自分ではそんな大変な年だったと感じてなかったんですね。 

なんでかな?って考えてみると きっと
それらの埋め合わせをしてもまだ余りある 小さな喜びや幸せが
私の日常のそこここに満ちていたからじゃないか、と。 

本当に、素直にありがたいです。 


re-connection-再び繋がる、というのが今年のテーマのひとつだったと今思います。 

特にFacebookなどで、ものごころついた頃からの幼なじみや 
多感な時期を一緒に過ごした懐かしい友と再会できて 
一瞬にしてあの頃と同じ感覚にもどり、
あるいは 今だからこそ交わすことのできるやりとりがあったり・・・。 

そのおかげで、飛び上がって喜ぶほどではないけれど 
心の奥でじわっと暖かいものを感じる機会が沢山ありました。 

そういうことも多分、いろいろあっても精神的に落ちずにいられた理由の一つかと。
ありがたいことです。


そして、家族も友達も、縁あって繋がり合ってるわけですが 
それは決して偶然の縁ではなかったと感じます。 

どれひとつとっても、すべて今の私になるべく 
必然の出会いであり経験だったとしか思えません。 

ということは、視線をもっと先にやると 
私の未来、到達する場所はもうそこに在って、 
今日の出来事も今この瞬間も、その一点に向かうために起こっている。 

ただ、矛盾して聞こえるかもしれないけれど 
生き方次第でその予定された到達点はどんどん動いてゆくのですが。。。 


 ・・・と、話しがそれてしまって;;; 

何が言いたかったかというと、 袖触り合うも他生の縁、ではないですが 
これまでご縁のあったすべての方に ただ感謝したい。
そんな気持ちです。


一般的には「喪中」ということになるのですが 
死は誰にもいずれ訪れること。 
失って嬉しいわけはありませんが、 
必ずしも泣きくれる悲しい別ればかりではない気がしています。 
少なくとも、今の私は。 

だから、新年はやはり祝いたい。 
おめでとう、って言いたい。 
震災後の復興はじめ、世の中、大変なことまだまた沢山あるけど、 
希望をもって新年を迎えたい。。。 

そう感じています。


ところで、日本では年末には「よいお年を」と言い、 
年が明けると「おめでとう」に変わりますが ここではどちらも同じ表現です。

慣れるまでは、年が明ける前にそう言われるのはピンと来ませんでしたが
明けようが明けまいが関係なく(笑)いい年を願う気持ちが前面に出て
今では気に入ってます。 

感謝の気持ちとともに、今年最後はその言葉で・・・ 


ハワイ語で

Hau'oli makahiki hou! 


英語では 

Happy new year!!!


あなたにとって来る年がよき年でありますように。
あなたの心が穏やかで平和でありますように。





Gratitude<感謝> 区切り 18:21 区切り comments(0) 区切り - 区切り

ハワイ島に戻りました!

約2週間の日本滞在を終えて、ハワイ島に戻って3,4日。
ようやく一息ついてます。

今回は5箇所でデービッドのヨガワークショップなど
イベントをさせていただきました。

共通のテーマはAwakening the Spine(背骨を覚醒させる)でしたが、
結果として、なんと100本以上の背骨を覚醒して・・・
つまり、100名以上の方々にご参加いただきました。

沢山の方にお越しいただいて、デービッドともども
本当に嬉しく思っております。
ありがとうございました!

これらイベントなど、日本でのことは
また、日をあらためて。



さて、
留守中、いちばん気がかりだったのが愛猫パンダ、・・・じゃなかった、
家に着くと、まるで子供が エーン、エーンと泣くかのような
なが〜い鳴き声。

毎日そうやって鳴いていたらしい・・・
ごめんね、パンダ。

抱き上げると、体重は明らかに軽くなっていて・・・
Ohhhh.

最初はご機嫌ななめだったパンダも
今ではすっかり元通り。
今も私の膝の上で安心しきってお昼寝中


2週間の間に庭のバナナはだいぶふっくらして
さらに新しい実もつけ始めて!

・・・と、写真を撮ろうとしたらバナナに先客、ゲッコーくんが。

gekko



鈴なりになったリリコイ(パッションフルーツ)も
いくつか、黄色く熟れて地面に落ちていて。

lilikoi

そのリリコイ、さっそくバナナと一緒にミキサーにかけて
リリコイソースを作って(デービッドが、です;;;)
パンケーキを焼いて(これもデービッドが)
メープルシロップと一緒にかけていただきました。

リリコイのすっぱいパンチがよく効いて美味しいこと!


     #ちなみに、上の写真のマンゴーカラーのセラミックナイフとカッティングボード、
     #デービッドが気に入って、今回買って来ました。
     #マンゴーを切るのにぴったり!だと。

     #でも・・・マンゴーのシーズン、終わったよね。。。



ラナイで
海を眺めながら、そして穏やかな風を感じながら
そんなブランチをして
ああ、帰ってきたんだなぁと実感。



そして、やはり旅・・・日常から離れること・・・は
いろんな刺激を与えてくれるもの。

今回も新しく出会った方にインスパイアされたり
家族との関係を見直す機会だったり
まだまだ私のなかで統合されてないことがあります。

ここ数ヶ月、とにかく突っ走ってきたので
これからちょっとスローダウンし、丁寧な暮らしに戻って・・・
Back to the basic.

地に足をつけて
今回新しく入ってきたことが血肉となるように。
次に向かって・・・。



今は無事、日本滞在を終えられたことと
イベントに来てくださった方々、
お世話になった方々へ、ただただ感謝(^∧^)

ありがとうございました。


Special thanks to Yuri, Mag, Robin & Sophie, Habe-chan, Yasumoto Family, Reimi & Yamauchi Family, Iga-chan, Misa, Princess Hako, Komurin, Brother Kunio, Antie Emiko, Uncle Masamaru & Antie Atsuko, and MOM.


 

Gratitude<感謝> 区切り 07:26 区切り comments(0) 区切り - 区切り

サンセット

昨日もきれいだったけど
今日も・・・


だけど、
視界に入るすべてをファインダーに入れることはできず・・・

苦肉の策。。。







sunset1sunset2



んー、
並べると どうしても 枠のラインが入ったり
色が微妙に違ったり・・・。


やっぱり広角レンズが要る!?





これ、ケータイで見てくださる方には どう表示されるのかしら






Gratitude<感謝> 区切り 14:09 区切り comments(0) 区切り - 区切り

アンバー・ジャック!

ずっとvog(ボルケーノからのガス)がひどかったコナも
このところだいぶ落ち着いていて
今日は朝から気持ちいい〜〜〜。

波もおだやかそうで、カイルアベイに停泊したクルーズ船の白い陰が
青い水面に映って、とってもきれい。



さて、先日 ご近所の方が釣りに行かれて
我が家にもおすそ分けをいただきました!


それがこれ、アンバー・ジャック(カンパチ)。

amberjack1

えー!っとびっくりしてる私の前でデービッドが料理人に大変身。
そして、ラナイのピクニック・ベンチは調理台に早変わり。


「新聞紙とナイフを!」

「は、はいぃ・・・」と、もたつくアシスタントの私。


いざ 解体開始。。。

の前に、いつものようにデービッドが
お魚の口を大きく開いて、

「ほら、中はこうなってるんだよ」とか
「ヒレはこんなに広がるんだ」

と引っ張って伸ばして見せてくれたり・・・。


きっと彼は好奇心旺盛な少年時代に、今と同じように
興味しんしんで、魚の口の中やヒレなんかをチェックしていたんだなぁ・・・と
思わず口元がほころぶ私でした。


そして、いよいよお腹を開き、内臓を出して

amberjack2


大きな頭を落とすと、太い背骨があって・・・
(当たり前なんだけど。)

皮は豪快にプライヤーで剥がして・・・
(こうするとウロコを落とす手間がなくなる、と。・・・たしかに。)

そして、胸には肋骨もあって。

いえ、これも当たり前なんだけど、
食べ物としての魚と、生き物としてみる魚の違い・・・かな。
何か新鮮なものがありました。

 

こうして料理人デービッドの活躍で
こんなにきれいにさばかれたアンバー・ジャック。

amberjack4


ごま油と塩コショウ、ガーリックでマリネートして
フライパンでソテー。

マックナッツ(マカダミアナッツ)を細かくチャンクしたもの
(これ、常備しておくと便利!)をトッピングして
サラダに乗せていただきました!

amberjack5

嗚呼・・・、美味しぃぃぃ。


デービッドも私も、ゆたかで幸せな瞬間でした。



あ、もちろんパンダくんも・・・。

amberjack6




 

Gratitude<感謝> 区切り 18:34 区切り comments(0) 区切り - 区切り

マンゴーシーズン!

種類によっても違うけれど、
マンゴーのシーズンはだいたい初夏が一般的。

今年も5月下旬から6月ごろにかけて
あちこちでたわわに実るマンゴーの木をみかけました。

が、今でも・・・

マンゴー1
こちらはお隣のマンゴーツリー。

もう何ヶ月ものあいだ、こうしてぶら下がっていて
少しずつ、少しずつ、赤みを帯びてきました。

お店に並んだフルーツを見てるだけではわからないけど
私たちの口に入るまでにこんなに長くかかるなんてね。
そのことを知っただけで ありがたみが増すというもの。



そして、我が家のバスケットにもこんなにいっぱい・・・。

マンゴー2


日本ではマンゴーが1個5000円とか、
デパートだと1万円くらいしてると聞きましたが、本当なのでしょうか!?!?!?

びっくりして息が止まりそうになりましたが

というのも、こちらだと・・・

てか・・・こちらでのお値段、実は知りません。
普段、買わないので。


マンゴーだけでなく、アボカドやパパイヤ、バナナなんかも
庭で採れたものとか、お友達宅からのおすそ分けで
十分潤沢に過ごせるのです。


あ、あとはデービッドが 毎週日曜に
30マイル(約50km)ほどのループを自転車で走るのだけど
そのときに、道端のフルーツスタンドでゲットしてきたり、
あるいは、熟れて木から落ちて転がってるのを拾ってきたり(笑)。


そうやって我が家に来てくれたフルーツたちも
完熟とはかぎらないので、
熟すまでキッチンの窓辺に置いて・・・。

マンゴー3


自然の恵みに感謝(^∧^)




ちなみに、この窓辺のステンドグラス。
小さな作品ですが、随分前にデービッドが作ったもの。

このお魚、マーリンこそ
先日ハーバーで見た、あの巨大なマーリンと同じ仲間です。



 

 

Gratitude<感謝> 区切り 08:32 区切り comments(0) 区切り - 区切り

区切り 1/3Pages 区切り >>