<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

プチ告白 & 何事もうまくいくコツ

表参道で美容師をしているAkikoさんと何年かぶりに再会しました。
 

彼女はこれまでハワイ島を何度も訪れて

そのお人柄でこちらに友達も多く、

みな彼女が帰って来るのを待ってる素敵な女性。

そんな彼女に、とっても大切なことを思い出させてもらったので
ここでシェアします♪



hair cut 1


今回は、久々に彼女に髪を切ってもらっただけではなく
お願いして、ヘアカットの基本まで伝授してもらいました!

実は何を隠そう、いつもデイヴィッドの髪を切るのは私。
(あー、言っちゃった;;)

同じく自分でご主人やお子さんの髪を切ってる友人と一緒に

Akikoさんがデイヴィッドの髪を切るところを

見学させてもらいました。
 

で、色々教えてもらいましたが、要点は

1.イメージと感覚から、 最終的な仕上がりを
  アタマの中で絵にする。
2.その絵に応じた理論とテクニックを使って切る。

と、言われてみれば至極当たり前のことでした!

でも(弁解ではありませんが;;)

人間、その当たり前のことが案外できてないものです。

私は、出来上がりのヘアスタイルを思うどころか

ただただ「何とか形になって〜!」と

後先考えず、とにかく手の付けやすそうなところから

デタラメにハサミを入れてました。

これじゃぁ出来上がるヘアスタイルも、

デタラメにしかならないはず(恥)。

(ごめんねー、デイヴィッド!)

 

大事なのはヘアカットのみならず、何事も

1.目指すゴール(意図)を明確にする

2.それに応じた理論とテクニックを用いる

これが出来ているかどうかで結果は大きく変わるということです。

hair cut

 

しかし。

しかし、ですよ?

私は出来上がりの髪型のディテールまでは

イメージしようにも、できなかったのです。

たとえば、

髪が全体に伸びて重い感じだから軽い印象にしたい

とは思っても、「軽い印象」って表現自体が

ものすごく曖昧。

私のぼんやりした「軽い印象」を具体的に

前髪はどうで、サイドはああして、襟足はこう、

と明確な言葉にに変換できてなかったのです。

仮にそれができたとしても

ヘアカットの知識も技術もない私に

「軽い印象」を作れる訳がないのでした。

そんな私の曖昧な「軽い印象」を

具体化して引き出す手助けをしてくれたのがAkikoさんでした。

そして、カットのコツやその背景にある考え方も

教えてくれたのです。

もう、目からウロコがぼろぼろ落ちました!

これで次回からデイヴィッドの髪型、グンと良くなるはず!

今度切るのがとっても楽しみです (^_^)

それからもう一つ、Akikoさんが大切にしているのが

その人の髪の性質や自然な生え方を生かす、

ということ。

髪がどちらに向かって伸びたいのか

まるで髪に問いかけるように見極めて

それに応じた切り方をする。

その人の持ち味を生かして、その人らしく輝くお手伝いをしている私としては

とてもとても、共感するところがありました。

hair cut 3
(Akikoさんと、きれいにスタイリングしてもらった3人)

 

*Akikoさんにスタイリングして欲しいという方、

メールブルー こちらまでどうぞ。 

最後にもう一度、今回思い出させてもらったことをまとめると;

1.どんなことも意図とイメージを明確にすることが大事。

  (それをするかしないかで、結果は大きく変わる。)

2.それが出来ない時はプロに助けてもらう!

  (これが確実かつ近道。)

ですね。
Akikoさん、ほんとにありがとう。

*ちなみに、

<このままでいいのかな?と漠然とした疑問や不安があるが
 何をどうすればいいのかわからないという方>

 その漠然としたものを具体的に引き出すお手伝いが出来るかも知れません。
 漠然→クリアにならなければ、最初の一歩も踏み出せないまま
 いつまでもそのモヤモヤに留まることになります。
 


<夢や願望がなかなか上手く叶わないという方>

 引き寄せや願望実現にもコツがあります。
 理にかなったやり方で、在り方(メンタリティ)と
 行動の両面を見てみてはどうですか。

お役に立てれば幸いです。
     ↓↓↓
ユリコ・ジョンソンのライフコーチング

変容 区切り 12:57 区切り comments(0) 区切り - 区切り

昔のブログ、昔の私

 今日、クライアントさんとのセッションで。

「コーチの前のブログ、偶然見つけて読んでます」と・・・。

え"!と思わず赤面;;

もうその存在すらすっかり忘れていた昔のブログ。
それを書く自分自身に、なんとなくしっくり来なくなって
今のこのブログに引っ越したのでした。


セッションの後、もうブックマークにも残してないそのブログを
Googleで探し出しました;;

所々読んでみると、デービッドとの出会いだとか
今思うと人生が急に動き出した様子が書かれており。。

まぁ当時は起こる出来事や環境の変化に
ただ私なりに向き合っていただけなんだろうけど。

きっと人生ってそういうもんなんでしょう。
ふと振り返ったら道がついていた、みたいな。。


今読むと小っ恥ずかしいのは、自分で言うのもなんですが
それだけ成長したということで。

また、今と同じものの見方をしている部分もあって
コアなところはその頃すでに出来ていたんだなぁ、とも。


昔のブログで昔の私に会って、いろいろ感じる私でした。



変容 区切り 20:03 区切り comments(0) 区切り - 区切り

「本気」が人を変える・・・クライアントさんの変化

巨大地震と大津波、そして原発事故・・・。

混沌として、先が見えないような不安もあるかもしれませんが
だからこそ地に足をつけて、

・本当はどう生きたいのか
・何が本当の幸せなのか、

を見つめることが大事。



以前、私のライフ・コーチングセッションを継続の後
しばらくのお休み期間を経て
今月からまたセッションを再開されることになったクライアントさん。
 
再開にあたり、いただいたメールの内容がとても素晴らしく、
感じ入るところがあったのでご本人の了解を得て、
ここにその一部をご紹介します。 


(前略)

約一年半前に、コーチングを始めた時の
バランスシート・価値観アンケートなど* を見ていたら、
そのころから私はずいぶん変化したなと感じました。

セルフイメージも、ずいぶんかわりました。

自分のセルフイメージを書き直したい、変わりたい部分を赤で引き書き直したノートを
今みると書き換えた部分は、ほとんどそのようになっています。

時間と環境と出会いの変化は、私を大きくかえてくれました。

さらに、一年前のフィードバックシート**を読むと、
セッションをはじめて半年でしたが、書いてある文章・内容ともにこの時期には 
こんな考え方と表現力があったのだと驚きました。

(後略)

鈴木喜美子

(注)
バランスシート・価値観アンケートなど*:自分自身の現状、人となりを客観的にみるためのワークシート
フィードバックシート**:コーチへのフィードバック、セッション後の変化や、思うこと・感じることなどを
            書き出すシート
 

これを読んで、このクライアントさん・・・喜美子さんは
心の底から「変わりたい!変わるんだ!」と切望し
真剣に自分自身と向き合ってこられたことが
ひしひしと 伝わってきます。

だって、変わりたい部分を赤で引き書き直す、なんて
生半可な思いでは ここまでやらないでしょう?


そして状況は異なるものの、過去の私自身ともダブりました・・・。


強い思い、真のコミットはその人を衝き動かすし、
コーチはそばで手助けはできても
すべては本人次第だとあらためて感じました。


これから喜美子さんがどう羽ばたいていくのか、
別の言い方をすれば
どのように 本来の喜美子さんに戻っていくのか、ワクワク楽しみです。


こんな喜び・・・セッションやっててよかった!



小谷ジョンソン祐理子のライフ・コーチング

変容 区切り 18:14 区切り comments(0) 区切り - 区切り

感じるホノルル

久方ぶりにホノルルに行くと
変化に驚かされることが しばしば・・・。

変化、といっても 街の、ではなく私自身の変化に、ね。


このあいだも そうだった。


まずは 立ち並ぶ高層ビル
空に向かって突き刺さるような・・・。

とても同じ国、同じ州とは思えず
なんだか異国に来たようなで;;;



そして、人の数!
空港で、街で、そしてワイキキで・・・。

不景気で観光客 激減、というけれど
Big Islandとは比べ物にならないくらい賑やか。

ワイキキでお店の人に
「コニチハ!」なんて声かけられたことも、

はたまた

1日であんなに ・・・おそらく何千人もの・・・ 「人」が
視界に入ってきたことも

・・・ し・ん・せ・ん ・・・

     #ハワイ島だと、目にする「人」よりも
     #「アリ」の数の方が多い日もあるかも。。。


これって・・・





ショッピングでも 購買意欲がわかない、っていうか。

もちろん、ガールフレンドとのショッピングのエネルギーと
夫との そのエネルギーは別物だし
今回はデービッドが退屈しないよう 早く済ませよう、
って思いも働いたと思うけど

欲しいもの、意図したものを ピンポイントで買いに行く感じで

「どんな物があるかな〜」
「何かステキな物があるかも!」

と、ただ見て回ることは ほとんどなかった・・・
白木屋のブックオフと、食品コーナーを除いては。

それらでさえ、以前よりは ずっと淡白(?)で
さーっと見て 終わり。

特に食品・食材は、
あってもいいけど 無くてもOK、と感じたり、

以前は普通に食べてたものも
今は 身体に入れたくないと思う (そう身体が反応する) ものもあって
魅力的なものが あまりなかった・・・

「柿の種」をのぞいては!!!



・・・というような私自身の反応に
自分でちょっと驚いたりして。


前よりも、いろんな意味で「つくり」がシンプルになってきた・・・?
んだったら、ちょっと嬉しいな



そうしてショッピングをカンタンに済ませて
残った時間は・・・

ビーチでカクテルなど・・・



日本の人もよく利用する、あの
レインボーのモザイクのあるホテルのビーチフロントのバーで
しばし休憩。

青い空、青い海、白い砂、そしてそこから高く伸びるヤシの木たち・・・


ん〜、ビューティフル!・・・か?
ホントにぃ?


ビーチを眺める私のなかに突然 沸き起こった違和感。


雑草も生えないビーチに、なんでヤシの木が植わってるの?
人工的に移植したにせよ、
砂に根が伸びてこの高い木をホールドしてる、、、ワケないよね。


ワイキキは本来、あんな砂浜じゃなかった。
もっと湿地のようなビーチだったところに砂を運んできた
「作られた」ビーチ。

ヤシの根は、砂の下の土に根付いている。

ハワイ島の、ラヴァ(溶岩)の上に美しく広がるゴルフコースと同じくらい
砂浜のヤシの木は、私には不自然で不気味に映った・・・。


一体、本当のハワイって何なんだろう。。。

フェイクを見て、みんなそれが本当のハワイだと思ってる。
てことは、今やそのフェイクこそが本当のハワイ、、、なのかな・・・。





いろいろ、複雑な思いのするホノルル・トリップでありました。






 

変容 区切り 13:21 区切り comments(0) 区切り - 区切り

2010年の抱負

っと、その前に2009年を振り返ってみると・・・


印象深い事柄は2つ。

一つは、
「恐れ」は自分自身の内側でつくり出す、
ということを、腑に落ちて学んだこと。

「何か」が起こってもいないのに
勝手に「起こる」と想定して不安を抱き
恐怖に震え上がることは
はっきり言って、エネルギーの無駄使い;;;

たとえば、家への夜道。
普通に歩けば「ただの道」なのに
お化け おばけ がでるかも・・・と思うから怖くなって、神経をすり減らすことに。

心配しても、しなくても
(本当にお化けが出ない限りは)客観的にみれば
同じ「歩いた」という事実が残るだけ。

ならば、要らない妄想に振り回されず
淡々と歩けばいい。
ただそれだけのこと。

・・・とはいうものの、言うは安し、だけどね たらーっ



もう一つは、
去年の年頭に強くコミットしたことが、
クリアできた・・・、ということ。

これは、望みがかなう、とかいうよりも
ここで腹をくくらない限り、人生 前へ進めない、
くらいに切羽詰ったもので。

ずっと言い訳をして、自分で壁をつくってきたのだけど
それを超えない限り、どこまでも足踏み状態だと
じわじわとわかってきて。

結果的に、
このままは 絶っ対に嫌!
という気持ちが勝った。

今思うと、それは心からの叫びだったのかもしれない。

すると、突然に あれよあれよというスピードで
周りが勝手に動き出し、壁越えのお膳立てが整ってくれて。



さて、それじゃぁ今年は・・・?

んー、一言で言うと

シフト。


前から思い、去年あたりから頭の中で暖め具体化してきたことを
頭の外に出す・・・
私の外側の世界を内側とシンクロさせる。

よりクリアになってきた
「向かいたい方向」へ舵を切る。


ふむ。
そんな感じ。



ところで、
デービッドに抱負を聞いたら

Learning Japanese!

だって!

そっか・・・
私が前に買ってあげた、
日本の幼児用向けの「ひらがな」学習帖 本鉛筆
新年早々、デスクの上に引っ張り出されてるのは
そういうコトだったのね・・・。

Good luck !




変容 区切り 16:41 区切り comments(0) 区切り - 区切り

だまし絵?

今日のラナイからの景色。


reality?




・・・実はこれ、上下さかさまの図。


というか、実際に私が見た景色なんだけど。


ラナイでヨガをしていて
バックベンド(身体を仰向けに大きくそらす)したときに

・・・えっ!?


青い空が海に見えて、
船もさかさまなんだけど、それらしく見えるし
その向こうに海岸線があって、陸がある・・・


上下さかさまなのに
ちゃんとした景色に見える・・・。



だまし絵みたいだけど。





それが真実、と思い込んでいることも
もしかしたら、そうじゃないかもしれない。

さかさまの世界、そんなのあり得ない、って思ってる世界が
実は真実だったりして・・・



ね。














変容 区切り 06:38 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

うつろい。

友達の日記に載っていた美しい紅葉の写真を見て
キョエ〜、もうそんな時期なの!? とびっくり・・・。

確かに11月も半ばだもんねぇ。
ここにいては実感がわかないけど;;;


でも、そういえば我が家でも
去年のクリスマス ツリー に買ってその後 地植えしたポインセチア
赤く染まってきている。

poinsetia

ポインセチアは、日照時間が短くなると赤く変色するという。
時は着実に経ってるのね。


急に持ち上がった引越しの話も、
とんとん拍子に次の家がほぼ決まって嬉しい反面、
(慌てず、動じず、じっと構えていればうまく事が運ぶものだと実感)
こうして自分で植えたポインセチア
種から育ててようやく実をつけ始めたパパイヤの木を見ると
少しフクザツな気持ちもするけど。

papaya

でもま、私が住んだ記念樹(←勝手に!)として
ここに残していきましょうか。


Big Islandに移住して、もうすぐ まる2年。
引越しは年末あたりかな。

やっぱり、「区切りのとき」なのだ。



変容 区切り 06:31 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

大統領選挙

アメリカの次の大統領が、決まった。


任期は、来年1月から2013年1月までの4年間。

2012年をまたぐこの時期に、
アフリカ系アメリカ人の大統領が初めて誕生するというのも
世の中が着実にシフトし始めてる表れのような気がする。


ここハワイは、アメリカの他の地域と比べると
日本人にとっては かなり住みやすい環境(気候等のレベルでなく)だと思う。
それでもたまに「・・・ん;;」というようなことも・・・。

そんな外人の私にとって、この選挙の結果は
政策がどうの、という以前の次元で 感じ入るものがある。

もっともこれは、選挙権のない傍観者的な立場の私の感想なんだけど。



さて、2012年に何が起こるのか。

地球温暖化に、100年に1度といわれる このところの世界経済の大混乱・・・
世界が乗り越えていかなくてはならないクライシスだらけ。

でも、でも、
人は、混乱を乗り越える過程で成長し、
乗り越えたあとには次のステージに上がっている。
つまり、意識のレベルが上がっているということ。

2012年に決定的な何かが起こるのかもしれないけど、
むしろその年をピークに、人々の意識がガラッと変わっていくのだと思う。
これからまさに、「101匹目のサル」にラストスパートがかかっていくのだと。

逆説的だけど、今あるクライシスはこの星の成長のためにあるのかもしれない。



ところで、私個人も今、「次」にシフトするエネルギーの中にいる。

予定を繰り上げての引っ越しが 急浮上・・・。
まだどんな展開になるのか、さっぱりわからないけど
人生が前倒しで進んでいくのは、なんだかワクワクしちゃうのダ。

世の中とシンクロして、私の内側も外側も進化した〜〜〜い。





変容 区切り 04:57 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

いつの間にか ハロウィーン

よく、
「1月は行く、2月は逃げる・・・」というけど、
私の9月と10月は 一体どこへ行ったの!?!?
というくらい、あっという間に日々は過ぎ
今日はハロウィーン。

halloween
(今朝、庭から採ってきたパンプキン)


考えてみると、ビーチハウスとの二重生活や
日本から泊り客を迎えたり、と
慌しく非日常を過ごしたツケとうのか
その間、私の普段の生活サイクルは止まってしまい
その後は、もとのサイクルに戻すために費やしてきた・・・
という感じ。

今ようやく落ち着き、グラウンディングして
やるべきこと、向かうべき方向に集中できるようになってきた。
嬉しい!!


あ・・・余談、といえばそうだけど
そうやって日常を取り戻してきたここ2週間も
夫の友達(アメリカ人男性)が我が家に滞在中なんだった。
危うくその事実を忘れるところだった(笑)・・・

というか、当然のことながら、
この土地で言葉の問題もなく、自立して何でも自分でできる人を泊めてあげるのは
超〜楽チン。

同じ「人を泊める」のでも、十人十色で
そこからいろいろ学ばせてもらう次第でございます。


余談の、さらに余談。

日本語ができず、メニューも読めないし電車にも一人で乗れない、
なのに
「ビールビール頂戴〜」
なんていう夫と日本に帰ると
大きな赤ちゃん 赤ちゃん 連れてるように手がかかって
なかなかしんどいのよ・・・

と、日本から遊びに来た友達に言ったら
大笑いしてた。

・・・大笑いしてる本人も、ここでは大きな赤ちゃん 赤ちゃん なんだけど;;;

(ちなみに、私はここでは小学生程度。)


余談おわり。



「今夜はハロウィーンパーティ 唖然 に行く?」
と夫から聞かれたけど・・・

そうやって外に向かって「適当に楽しい」時間を過ごすよりも
内側に向かって、目指すところに少しでも近づくために
本気の時間を過ごしたい 今の私。


変容 区切り 11:01 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

愛の人

日々暮らすなかでいろんな出来事と遭遇し、
行き詰ってしまうことがある。

心がずっしり重くてうっとうしいけど くもり
自分で答を見つけたいし、そのためにも
その重苦しさを味わうのも大事な気がする。

でも、
どーにもこーにも、考えても考えても
これだ!という答が見つからないとき、私には
話を聞いてもらうメンター(と、私が勝手に呼んでる)が いる。

その人は、ある特定の業界のプロだけれど
コーチでもカウンセラーでもなければ、スピリチュアルなんとか、
という肩書きの持ち主でもない。


最近は私も、ある程度ことは自己解決できるようになってきたのと、
メンターの本業の邪魔をしたくないのとで
このところは 少々のことではヘルプをお願いすることはなかった。


ところが少し前、久しぶりにヘビーなものを抱えることになって。

メンターに聞いてほしいけどな・・・。
でも、なんとか自分で突破できないか・・・。

そんな悶々とした状態のときに たまたまメンターと会う機会があって
思いがけず、向こうから

嬉しい 「最近どう?順調?」とたずねてもらった。

     #もしかして私の顔に「悩み事あります」と書いてあった!? たらーっ

女 「いや、実は・・・」
と、話を聞いてもらう流れに。

起こった出来事、それで何を感じたか、
相手の人のアクションに対して、
私なりに考えた 私がとるべきリアクションの選択肢3つ・・・
など、私の頭(いや、心?)の中に在ることを聞いてもらった。


メンターの答はいつも明快。

メンターのサジェスチョンは、私の3つの選択肢のうちの一つと同じだった。

でも、「なぜそうなのか」その理由を聞いて、
そこに至る発想の源が私とは180度・・・というより、
次元が完全に違う!! ことに圧倒された私。

・・・私の選択肢はどれも、私のエゴから来ていたことに気づかされた。

自分のことをきちんと理解して欲しい、とか
自分を表現したい、とか
(自分が)面倒だから、とか
(自分が)失礼な人と思われたくない、とか
「自分」「自分」「自分」・・・という私本位の発想、というのかな。


     #あ、でも私はエゴは必ずしも悪者だとは思ってないけど。
     #生きていくうえで、ある意味 必要かとも思うし。

それでも、どの選択肢についても、それぞれどこか納得いかない部分があって
それで一つに決められずにいた。


それに対してメンターの発想は、相手本位。
「相手にとってベストな行動は何か?」という視点。

そういうものの見方は
たとえば、人からどう見られるか、というような次元を
超越してないことには出来ないと思う。

それは、愛の世界 ハート
メンターはよく「愛」という言葉を口にするけど
それはこういうことだったんだなぁと、超納得するわけです。


私もフツーに「相手本位」でものを見られる人になろう。
そう簡単なことじゃないけど・・・
でも、なっていこう。


変容 区切り 03:22 区切り comments(4) 区切り trackbacks(0) 区切り

区切り 1/2Pages 区切り >>